絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ドドとヒー こぶねのぼうけん
ドドとヒー こぶねのぼうけん (JUGEMレビュー »)
おだ しんいちろう, こば ようこ
『絵本のいま 絵本作家2017-18』のはなし

先日、玄光社さんから出ている

『絵本のいま 絵本作家2017-18』

が届きました。

絵本に関わる方の年鑑みたいな感じでしょうか。

おだ・こばも載せたので、探してみてください(どっかにあります)。

掲載にあたり、沢山の方にご協力いただきました。

お礼申し上げます(こんなところですいません)。

 

表紙裏表紙をくっつけると・・・

おお。すてき! あべ弘士さんですね。

これ2冊無いとできないので

レアかと思い載せてみました。

 

これからもゆっくりではありますが

締め切り守ってフリーダムな感じに頑張っていきたいと思います。

応援してくださると嬉しいです。

ありがとうございます。

 

 

↓ こんな感じ。

↑ 結構似てるようなので、似顔絵です。

 

 

↑ 実は、今は髪伸びてます。

 

 

| 12:08 |
「ランドセル名作 3つのぼうけん」の話

学研プラスさんから

「ランドセル名作」シリーズの登場です。

その第一弾「3つのぼうけん」のトップを飾る(?)

「シンドバッドのぼうけん」の絵を描きました。

 

このシリーズは構成が面白くてですね

最初の話は短いんです。

すぐ読み終わっちゃう。

で、次の話はもうちょっと長くて

最後3つめのお話はシッカリ目です。

 

えー、本読むの面倒だなー

というお子さんも

気が付いたら

え、こんな長いお話も読めちゃったよ!

と、自信にも繋がるという。

お話の最後にはそれぞれ

一筋縄ではいかない迷路付き。

編集Iさんの熱い思いが存分に詰まった本になってます。

 

今回は

戸田和代さんの文章にあわせて

田中六大さん、にしかわおさむさんという

すばらしい画家さん達とご一緒させていただき

(皆さんお会いしたことないですけど)

私でいいのかと申し訳ないような気持ちで

ドキドキしながら製本待っていました。

 

もう店頭に並んでいるようです。

「3人のおひめさま」、その後もシリーズ出るようですよ。

ぜひ全部そろえて読んでね!

 

 

表紙こんな感じ。良いでしょ。

 

私のページ。こんな感じ。

| 16:00 |
「すなとねずのまめまき」その2

フレーベル館『キンダーブックじゅにあ』2月号に

「すなと ねずの まめまき」

というお話が載りました。

こないだちょっとブログにかいた話です。

どうぞ可愛がってやってください。

よろしくお願いいたします。

 

ところで。

うちの「すなねずみ」すなちゃんですが

すぐ前歯を折ってぐらぐらにしてしまうのです。

もう2回、病院へいって短く切ってもらいました。

そのたびに

柔らかい食事を用意してあげますが

それでも前歯を使うと痛いみたいで

前足を口元に何度も持って行くのです。

すごくかわいそう・・。

隣でもう一匹のねずちゃんが

ガリガリと超健康的に食事をしています。

こっちは体型もふくふくです。

くそう、負けるな、すな。

大体2週間くらいで

歯が元のサイズに戻るみたいです。

今はすっかり元気。

だんだんふくふくしてきたー。

よかったー。ほっとしたー。

 

金魚ちゃんズに手伝ってもらって

誌面撮影してみました。

 

すなねずみは囓ります。囓るのが日課のよう。

臭くないし、おとなしいし

生き物初心者向けだと思います。

金魚ちゃん達の方が飼うのに苦労したかも。

お話のすなねずは男女ですが

実際のすなねずはどっちも女の子。

つがいにしてしまうと

ねずみだけに増えて増えて

大変なことに。なるので、そこは注意。

 

| 15:18 |
「すなと ねずの まめまき」

フレーベル館「キンダーブック じゅにあ」2月号。

うちで飼っている

スナネズミをモデルにして

おだ・作担当 こば・絵担当で

お話をつくりました。

 

うちのスナネズミと同じ名前で

「すな」「ねず」が主人公。

 

このものすごく単純な名前は

末っ子こっちゃんの命名ね。

ねずみ本人達もわかっていないでしょう。

まさかの誌上デビューです。

 

あれでもこれ2月号か。

まだ誌面だしちゃダメかな。

と、いうことで

うちのスナネズミの写真でいい?

 

でもちょっとくらいならいい?

2月にまたお知らせします!

 

 

 

 

 

 

 

| 16:20 |
「にっこりおすしとわさびくん」本屋に並びます

来週には店頭に並ぶと思いますが

講談社から

「たべもののおはなし すし

 にっこりおすしとわさびくん」

が出ます。

 

 

作者はお寿司屋さんの女将さんでもある

作家の佐川芳枝さんです。

 

舞台は回転寿司のお寿司屋さんではなく

目の前で職人さんが握ってくれるお寿司屋さんで

お話を頂いた時

「よーしお母さん、回らない寿司屋へ行こう!

 取材だよ取材!」

と、子ども達のお願いが凄いことになりました。

なにを言っているの

お寿司となれば際限なくなる君たちを連れて行ったら

食べた心地がしないでないの。

 

このシリーズを読むと

食べ物達が普段どんな事を考えているのかなーというのが

よくわかると思います。

 

私が担当した寿司のおはなし。

寿司だけにネタ同志のいろんな確執があるわけです。

ハバをきかしているのは人気者のマグロ三兄弟。

威張ってます。

わさびくんもたじたじなんですが

そこへ登場するのが人間の桃香ちゃん。

最後にみんなでにっこりできるといいけれど。

どうなるのかな?

 

すっかり大人の私が読むと

シュールさ満点な話で

ははは、寿司はそういう価値観なのね? と

一人、にやにやしながら

ラフ描けました。

寿司ネタのキャラを

一つずつ確定させるのが大変そうでしょ?

でもそんなに困らなかった。

 

来週には店頭に並ぶと思いますので

クリスマスに寿司の本はあまり贈らないかもしれないけど

プレゼントにちょっと忍ばせてみてはどうでしょう!

 

 

桃香。浮かない顔をしてます。悩み事でもあるのかな。

 

寿司ネタ達の表情を是非。

私が一番好きなのはイクラかなー。

| 14:43 |
「一日だけうさぎ」本屋に並びます

前にも宣伝いれましたが

11月上旬に絵本が出ます。

今さっき自宅に見本が届いたのですよ。

わあ出来たーって感じです!

 

くもん出版「一日だけうさぎ」

 

 

作は、くもん出版さんで毎年行われている

「子ども創作コンクール」の2015年大賞受賞者

原知子さんです。

 

実際の絵通りに印刷が再現できないので、

色校正という作業で

編集Sさんといろいろ言って

良い感じな色味を探って探って〜

 

・・・とやっていると

目が慣れてきて、よくわからなくなる。

 

ホントのとこ

最後にみた色校と、ちょっと違って出てきちゃってるけど

でも、本としてすっと筋通った感あるし

いいかなーと。うふふふふ。

あーうれしい、できたできた。Sさんありがとう。

 

知子ちゃんも、喜んでくれるといいなと思います。

 

お話、さすが良く出来ていて

私も、娘・小3のクラスで前倒しで読み聞かせしちゃったんですが

そうとう喜んでましたよ皆さん。

大体10分かからず読み聞かせできますので

本選びに困ってるそこのアナタに是非ともオススメいたします。

 

装丁はデザイナー中嶋さん。

お忙しいだろうに

お仕事受けてくださって

いろいろ良くしてくださって

素敵に素敵になってます。

絵が見違えたわ。

 

この本はこれから

いろんなところで

いろんな人達に出会うわけですが

末永く、大事にされる本になっていって欲しいと

まぁ、いつも思うことですが

今回もそんな事を願っているところです。

 

さて。

出版物を続けざまなんて滅多にないんですが

現在は児童書の挿絵のラストスパートやっています。

これも年内にでるのかな。

お寿司たち大活躍のお話で

全ページ挿絵入ってる仕様です。

本読まない子が

これを読んで本が好きになったらいいなぁ

という妄想をしながら。

とても頑張ってます・・・。

 

これは変身シーンですねー

私は昔から点々描いてますね。学生時代から描いてますね。

 

 

もにょもにょしてくるところのシーンです

ほっぺの色、これは実際の絵の方がカワイイなぁ。

気持ちよく描けた絵で、けっこう好き。

 

 

| 10:29 |
「一日だけうさぎ」の話

4コマ、今週もあげ損ねました。来週頑張ります!

 

今日は只今制作中の絵本の話です。

まずは こちら をどうぞ。

開発ストーリーの所の

「子ども創作コンクール、作品受付がはじまっています!」

をご覧下さい。

 

くもん出版さんで毎年行われている

「子ども創作コンクール」の

2015年大賞受賞作品を絵本化するというので

私こばようこが絵を担当中でございます。

 

「一日だけうさぎ」。

作者の原知子さんは当時小学校3年生。

発想がとっても良いのです。

私もここ数ヶ月「うさぎの日」漬けですが

読めば読むほど、お話の世界に広がりを感じてます。

 

お盆には、うちの姪っ子達がわーわーやっていたんですが

ラフをのぞき見して

「なになに、うさぎの日ってなに」と

興味津々でした。

変身するという事は夢の広がる事なんだろうと思いました。

 

作者の知子ちゃんは昔ウサギを飼っていたそうですね。

お話を読んで、末っ子こっちゃんは

「私はスナネズミになりたいな」と言っていましたが

スナネズミでは学校へ行くだけで日が暮れそうです。

 

と、いうわけで

知子ちゃんの素敵な世界を早く皆さんにお届けできるよう、

目下ガンガン作業中です、というご報告でした。

(うちの前で水道工事をしててガンガンうるさいのです)

 

こうやって、全ページ吊して眺めながら作業しています。

なかなか便利なの。ただ、高い所に掛けるのはちょっと面倒かな。

 

 

 

 

| 11:20 |
うたう♪たべる!あそぶ!12ヶ月の行事のえほんの事

(こばようこ)

先日うちにやってきた見本誌は

「うたう♪たべる!あそぶ!12ヶ月の行事のえほん」

講談社さんから。

いろんな方が参加して出来ている本で

編集さんに説明は受けていたけど

なーんとなーくって感じでして

はっきりわかってたのは自分の仕事のところ。

私は歌詞に絵を添える仕事ね。

見本誌届いて開いてびっくり。

歌えて(歌詞が載っている)

食べられて(レシピが載っている)

遊べる(季節の遊びが沢山紹介されている)

のです。

工作もあり、豆知識もあり

おばあちゃんの知恵袋かと思いました。

12月の章のね

つくってみようページの

イチゴサンタさんがのっている

チョコ風味のカップケーキ・・・

これ、クリスマスに作ろうかな。

中身ちょっとおみせしてもいいですか。
私のことだけで申し訳ないですが。
これは書店でちゃんとごらんになった方が
びっくりすると思います。
とにかく智恵袋です。他の絵もすてきですよ。

2015_1124a
↑あらすてきです

2015_1124b
たこのうた

2015_1124c
ぼけてしまった・・・ おおきなくりのーのうた

2015_1124d
おばけなんてなーいさーのうた

2015_1124e
やきいもぐーちーぱーのうた

2015_1124f
私の唯一のカラーページだけど、この本はカラーページが一杯です!
このうたは知らなかった・・・

| 17:19 |
「さっちゃんのおつかい」のはなし

(こばようこ)

フレーベル館の月刊誌「キンダーブック1」11月号

おはなしページで

「さっちゃんの おつかい」の絵を担当しました。

お話は高畠ひろきさん・・・です。
素敵なお仕事をありがとうございます!

おつかいは、おかあさん気分になれますよね。

憧れのお手伝いでしょう。

(毎日おかーさんやってる身としては その鮮度がうらやましい)

さっちゃん、おとうと君の靴下の買いにいく

しっかりもののお姉ちゃんです。

おねえちゃんぽい感じを

なんとか絵にしたいなーと思って描きましたよ。
「くまのぬいぐるみを背負っている」という
設定でもあったので
さっちゃん、リュックにくま入れてます。
とってもリアル設定で可愛くて笑ってしまいました。



2015_1028a
さっちゃんです。セカンドバックも持っています。

2015_1028b
公園でちょっと一息。な感じ。

子どもにおつかい・・うちの子に初めてさせてみたのって

いつだったかな。小学校上がってからだとは思うんだけど。

おつりを貰い忘れて、レジの人に声かけられてたような。

おつかいとは ちょっと違うんだけど

スーパーでくじ引きをやってたことがありました。

くじは娘二人に任せて

買い物袋を持って先に車へ戻っていた旦那。

私は家で留守番だったので、あとから聞いた話です。

なかなか車に戻ってこないので

どうしたんだろう・・・と探しにいったら

なんと 末っ子こっちゃんが

くじで米5キロを引き当てて

たまちゃんと二人で「重い・重い」と運んでいたと。

近所のスーパーのくじ引きで

米5キロは一等賞ですよ。

やるねぇ、こっちゃん。

| 11:27 |
「さよなら ろっぷくん」と耳栓の話

(こばようこ)

さきほど「がくしゅうひかりのくに」9月号が届きました。

「だいすき ろっぷくん」最終話が載っています。

三話連載の最終回です。

うちゅうじん ろっぷくんは

ぶじ おうちのある うちゅうへ

かえることが できたのでしょうか

ひかりのくにさんが今年度から取り入れた連載もの。

おだ・こばもこういうの初めてでした。

無事最終回迎えられてよかったです。

お手元に「がくしゅうひかりのくに」のある方

ご感想をいただけたら嬉しいです。

2015_0825a

ネタバレにならないように撮影してみたよ。

もうひとつ

ぜーんぜーん別な話題。

今年度の「富士総合火力演習(そうかえん)」に

当選したので先日行ってきました。

詳しくは陸上自衛隊のHP見てね。

いや、戦車が走行している所を

一回見てみたかったのですよ。

仕事で軍用機を描かなきゃいけないことだって

あるかもしれないじゃないですが。絵描きなので。

今年は戦後70年だし。

戦争物の絵本の仕事とかね・・・やりたくないけど。

まぁとにかく、当たったので行ってきました。

ググれば沢山の方のレポートが読めると思いますので

ご興味ある方は探してくださいね。

当ブログでは私が今回初観覧で

耳栓は必要かどうかを検証してきたので

どうでもいいとは思いますがお伝えします。

カメラでシャッターチャンスを狙っている方、

もしくは

一挙手一投足すーべーて 目で見て収めたい方

そんな方は絶対です。

砲弾が発射する時、機種にもよるんですが

ものすごい音がします。びっくりします。

そこで絶対目をつぶる・身体がビクッとする等

自分ではどうにもできない現象が起きるのです。

耳栓をしていれば、ある程度は押さえることも可能かと思いました。

そんなもんしゃらくせえ じゃないですね。

ちなみにビデオを回そうとしてもロクな動画はとれないので

オススメしません。
だって、人の頭の隙間から見るんですよ。

(私はシート席といって地べたに座る席であった)

動画は自衛隊HPの素晴らしい編集動画があるので

そっちを見ればいいです。

もし、応募して当選したなら

最初から最後まで、

是非生の目で、じっくり観覧してきてください。

2015_0825b
10式戦車のマグネットとキーホルダー
演習で走行中にキャタピラ外れてたけど。

| 16:34 |
| 1/5PAGES | >>