絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ドドとヒー こぶねのぼうけん
ドドとヒー こぶねのぼうけん (JUGEMレビュー »)
おだ しんいちろう, こば ようこ
新年度へ

(こばようこ)

だんだんと春めいてきましたね。

こないだ

たまちゃんの中学制服採寸へ行ってきました。

長男えいたと同じく地元の、

わが母校へ入学予定です。

えいたの時と同様

制服は30年間変わらずです。

スカートと共布のベストが無くなって

ニットベストになったのが

唯一の進化かな。

ここで鉄板のトークといえば

「よーこさん卒業生でしょ?

 制服とっておいてないの?

 そのまま使えるでしょ?」

返しは

「いやいや、まさか娘が通うとは

 私も想像だにしなかったよ

 残念ですが全部処分しております」

で決まりでしょう。

娘といえば

お友達は採寸日当日行かないらしく、

一人で中学へ行かねばならない旨

数日前に知って

「・・・お母さん。

 中学までの道がわからない・・・」

が始まりました。

兄の体育祭も

演奏会(兄・吹奏楽部員)も行っているし

おばあちゃんちへ行く道でもあるし

なんでわかんないだ・・・。

しょうがないから、おさらい。

二人で家から中学の往復をしました。

所要時間40分。

け、けっこうな運動量です。

毎日これやるのアナタ。

たまちゃん、実は重度の花粉性なので

大丈夫なのかしらと、母心配つきないですが

ティッシュを箱ごと持って

通ってくれたまえ。

勉強もかなり大変な学校だけど

お母さんは知っている。

勉強だけ出来てもダメなんだ。

心豊かに成長してください。

やだ、真面目に終わったわ。

2015_0225

| 11:17 |
睡魔に打ち勝たなくてもいい

(こばようこ)

お久しぶりです。

前回で我が家の金魚ちゃんズのお話が一段落しましたね。

感動しきりです。

さて。

こないだ長男えいた中2が

休み時間に先生に呼ばれ

 『おだ君はいつもいつも眠いみたいで

 よく教科の先生方から報告をうけるんだけど

 

 こないだNHKスペシャルで睡眠障害の特集してたのね

 あまり眠いのは なにかあるかも知れないわよ』

と言われたそうなのです。

えいたは特に英語の時間に眠くなるらしく

確かに、学校公開の時に見にいったら

ものすごい勢いで船漕いでというか

がちで漫画のごとく

シャーペンを持ったまま

うつらうつらしてました。

これは先生に目を付けられても仕方ないです。

でもですよ。

この半年で彼の身長は私158僂鬚△辰箸いΥ屬鉾瓦い討い

そのエネルギーをどっから搾取するかと考えるに

やはり、睡眠を取らざるを得ないのでは

と思うのです。

それから、私自身の事を考えました。

私は朝起きて、皆を送り出して、いろいろ雑用を済ませて

新聞を広げた頃

大体9時ごろになると非常に眠くなり

我慢をしたら良くないと思うので

布団を敷き(一応タイマーをかけ)寝てしまいます。

気を抜くとそのまま午前中はつぶれますが

でもふらふらしたまま良い仕事ができるでしょうか?

睡眠を我慢すること程辛いことはありません。

息子の気持ちが痛いほどよく分かるのです。

無理に起きていても頭に入らない。

成長期で過大なエネルギーを使うので眠くなるのは致し方ない。

寝る子は育つというし。

(私は横に育っていってますが)

だから先生、私はもうすこし様子を見ようと思います。

成績はだからもう大変なことになってますが

そのうち成長期も一段落すると思うのです。

しかし

成長期が落ち着くのと

成績が持ち直すのと

どちらが先になるのでしょうか。

2015_01_27

| 10:36 |
こっちゃん、元気です

(こばようこ)

お久しぶりの

末っ子こっちゃんネタです。

昨年度まで

知っている方は知っているフレーベル館小冊子

「つばめのおうち」で3年間、

こっちゃん主人公に育児エッセイをやっていましたが

そのこっちゃんの近況です。

今、1年生です。

黄色い帽子に黄色いランドセルカバーで

元気に学校へ通っています。

お友達もできて

憧れの「お友達のお家に遊びに行く」ができるようになり

もうそりゃ毎日毎日

放課後はどこかしらで遊んでます。

お勉強ですか?

まーまだ1年生ですからね。

好きな教科の中に「さんすう」が入っているのは

嬉しいですねー。将来は科学者かしら?冗談です。

運動会前にですね

おうちの人へ「運動会へ来てね」のメッセージカードを作ってくれました。

「はい、おかーさんあげる!」

「まーありがとう。どれどれなんて書いてあるのかな?」

・・・

とくに ぜんぶ がんばりたいよ、

たとえば げんかいむげん(ダンスのこと)を

ちからいっぱい がんばりたいし〜〜

あと〜〜 おおだまも あとあと 50めーとるそうも〜〜

だけども〜〜 そのぐらい。

・・・

なんだこれは。

まぁ頑張るって書いてあるから意気込みは感じられる気もするが

語尾のゆるさはなんだこれ?

「こっちゃん、と、とっても上手に書けてるけど

 先生からなんて言われて書いたの?」

と聞きました。気になるじゃないですか。

そしたら

「うん。おうちの人に話すように書きましょうって言われた」

だって。

あーそーねー。たしかにねー。

でも、よくこれ書いて出したね。

先生の言葉に素直に書いたっていうより、

よくわかった上でわざと書いたような気がするけど。

個人面談の時、先生は

「こっちゃんは、なんでも

 とても一生懸命取り組んでくれます。

 ただ、おおざっぱですねちょっとね。

 でも、そこはいいんです!」

ってさ。良い先生だな。

そんな感じで

テキトーに楽しく学校へ通っています。

こっちゃん、元気です!


2014_06_17
きれいに ぬれたね!
| 16:20 |
夏休みがきた
 (文こばようこ)


えいたくんは夏休み初日から移動教室でした。

2泊3日。

どーしてるのかなーと思ってた2日間、

バスが着く時間に合わせて学校にお迎えにいってみた。


大型バスからぞろぞろ出てくる6年生諸君。

心なしか眠そうですね皆さん。


帰り道、数人の子ども達と一緒だったので話を聞いてたら


「Fがさー丑三つ時だって言って、なんか12時に起こすんだよ」

(丑三つ時って何時だっけ? 知ってる??)

「おれ、3時に起きて、みんなを起こした」

「えーおれ2時から起きてたぜ」


ようは、ろくに寝てないってことか。


「悪いことしてないのに

 宿でよその校長にめっちゃ怒られて

 それを見た先生にまた、めちゃめちゃ怒られて

 でもさー、おれら何にもしてないんだぜー?」


とか


「お土産、結構買えたんだ。日光って安いの多いよな」

「一番高いのカステラ」

「Mが買ってたぜ」

「えー、あいつ偉いな」


とか

出るわ出るわ武勇伝が。

あれ、で、君ら中身の方はどうだったの。


そんな訳で3日遅れて本格的な夏休みです。

遊びも宿題も頑張ってね。小学生最後の夏だよー。


2012_07_24


| 22:04 |
小5連合音楽会
 (文 こばようこ)

こないだ八王子市公立連合音楽会というのがありました。

市内の5年生(6年生が参加のところも)が

オリンパスホールという

最近出来た綺麗なホールで

各校ごとに合奏や合唱をするのです。


えいたも、「あ〜〜〜〜♪」とか「ほ〜〜〜〜♪」みたいな

不思議な声を出して家で練習。

不思議・・って失礼しました。きちんとした発声法を単独で聞くと

こんな印象になってしまうのです。

ただ、えいたは本格的な音痴です。


で、えいたはいつが出番?

と聞いたら

なんか2日目

とか言う。


え、いったい何日あるの?

と聞いたら

しらなーい


どうも3日間にわたってあるみたい。

えー、なに八王子ってそんなに学校あるの?

一日に12校〜15校くらいは出演できるでしょ?


で。調べてみましたら69校。そんなにあるの。


座席は児童で埋まってしまうので本番の様子は後日、

ローカルTVでチェック。


高学年って、大きいような、小さいような。

素直で一生懸命。

放送された分は全部見てしまいました。残りも録画済み。


ちょうど、小学校時代の同窓会に出たばかりだったので

自分の事を思い出して懐かしくなりました。

そして、

その時代はもうすっかり過去なんだということも再認識しました。

でも、みんなは変わってないんだな。


それぞれがいろいろな背景を持っているんだろうけど

共有できる思い出ってひとつの糧ですよね。


・・・オチがこういうのは予定してなかったんだけど。


2012_03_06

| 12:39 |
アスレチックゲーム

(文 こばようこ)

うちは一月生まれの子どもが2人いますが

この時期、子ども達にとっては

パラダイスとなっております。


「クリスマスと誕生日のプレゼントはまとめてもらいたい」

というご希望なので、クリスマスパーティーの時に


クリスマスは

サンタさんから

両家じじばばから


そして誕生日プレゼントも

父母から

両家じじばばから


と、いったいいくつもらってるんでしょうか。


末っ子だけは誕生日が6月。

でも、なんにもないのもかわいそう。


っておまけにちょっともらいました。


それがものすごい懐かしい代物なのです。

「トイザらス」で見つけた「アスレチックゲーム」。

うわー・・・これやったわ小さい頃。


意外に難しい。

4歳児にできるのこれ?


そしたら私よりずっと上手でしたというオチ付き。


2011_12_27

| 22:13 |
絶叫マシンの話
 (文 こばようこ)

こないだ「ひらかたパーク」ってとこに行ったのです。

大阪は枚方にある、遊園地。


そこで、また再び長男えいた君の登場です。

「ジャイアントドロップメテオ」っちゅう乗り物の前で

全く動かなくなりました。

どうも乗りたいらしい。

見上げると、頭上遙か彼方まで伸びる支柱。

座席につくと、50メートルくらい上に上がって

そこから一気に落下するようです。


うちの家族で同伴できそうなのは

おだか私ですが、さすがに乗る勇気は無いです。

あーどうすんのよ、あなた一緒に乗ってあげなさいよ

と譲り合っていたら

えいた君、すたすたと乗車口へ行ってしまいました。


まさか、一人で乗るのかな。

その通り、一人で乗って来てしまいました。

にっこにこで「すげー楽しい」と帰ってきました。


そのほか、数々ある絶叫マシンを全ておひとりさまで乗車。

いったいどこのDNAがそうさせているのでしょう。


で、お化け屋敷の前に来たら、

入り口見ただけで引き返してきた息子。


いろいろ突っ込まれたのは言うまでもありません。



2011_04_12

| 21:00 |
ビッグサンダーマウンテンに乗って考えた
 (文 こばようこ)

日曜日、家族で東京ディズニーランドに行きました。

みんな大好きです。

親の私たちも、いくら混んでいようが

だいたいどこら辺へ行って〜ここらでどうして〜

というプランがたて易い為、

意外に楽ちんで大好きです。


初めて息子とジェットコースター「ビッグサンダーマウンテン」

に乗りました。

十年ぶりでしょうか。

ドキドキです。いや、息子と一緒が嬉しくてドキドキじゃないっすよ。

たががTDLのジェットコースターですが

それが怖くてドキドキなのです。

待っている間にも手がなんとなく汗ばんできます。

目が右往左往しているのが、自分でもわかります。

高速道路の運転も、スピードについていけず辛いのに

スピードを楽しむ娯楽なんて、ありえん。


一方、息子えいた君。今日は4回目の乗車です。

「真っ暗なとこに、赤い目が一杯いるんだ、こえー」

「岩が落ちてきそうなんだよ、怖すぎ」


いよいよ乗車です。ああ、この時が来てしまった。

がちゃんってバーが下ります。

ゆっくり発車しました。


がごんがごん


えいた「わ、怖いおかあさん、あれ、あそこの目! こうもり?」


マジで怖がっております。

こっちは前方の線路しか見えておりません。

傾斜がきつくなってきて、先が見えません。

あそこから「落ちる」んだな。やばい下りたい。


母「わーーーー!!!きたーーーー!!!ダメだー!!!」

えいた「わーい!」


えいた「わ、怖い、あの岩、落ちてきそうだよね」

母「おかーさんはー、それよりあの先のーーぎゃーーー!!」


このように、えいたと私の恐怖の対象は全然違う所にありました。

なんで、怖くないのかな〜。

なんで、暗いとこがそんなに怖いのかな〜。

感覚が全く違うとこなんでしょうね。

親子なのに。


ヘンに感心した、今回のディズニーランドでした。


2011_03_08

| 15:44 |
習字
 (文 おだしんいちろう)

えーたが、たまに習字を持って帰ってきます。

特に習っているわけでもないので、そこそこです。

真剣にやってるんだろうなー、というのは伝わってきます。

しかし、気になるのがお題目。

まず謎だったのが


「ビル」


息子よ、そんな真剣に「ビル」って書いて……

えらいぞ。

いい感じに間抜けだったので、部屋に飾りました。

光っていました。

月日が流れ、次に持ってきたのが


「白いはと」


平和ですからね。

習字を習ってないだけに、素朴な味が出ています。

ベタにも程があるお題。そこに見応えあり。

平和というより平和ボケっぽいですね。

いろいろ考えると幸せな気分になってきます。


この前学校公開に行ったときには


「十」


が低学年の教室の外の廊下にダーッと飾ってありました。

「十」、そんなに飾っちゃいマスカー、と感心しきり。

観てると手裏剣に見えてきました。


今日持って帰ってきたのは


「元気な子」


イイナー。なんかイイナー。

ノスタルジックな気分になります。

学校が木造っぽいんですよね、イメージ的に。

えーたは、「元気な子」っぽく書けました。

一点の曇りもありません。

反抗期の中2頃、荒れたときに「元気な子」って

書いたら、どんな字になるのかな。

魂の叫びっぽい「元気な子」だったりして。


2011_02_01

| 23:47 |
うちのこ
 (文 おだしんいちろう)

末っ子こっちゃんは、とてもひょうきんで

いつもみなを笑わせてくれます。

だれかが喧嘩している時も、こっちゃんの一言で笑いが起こり

がらりと雰囲気を変えてくれます。

三歳にして持ちネタもあります。

「お・な・ら・プー」と

「いっつ・みー」(意味不明)

「おー まい ごーん」

です。英語が入っていて、すでに国際感覚があります。

「どんぐりころころ」のうたの

「ぼっちゃん いっしょに あそびましょ」は

「こっちゃん いっちょに あちょびまちょ〜」

と信じています。


長男えーたは、小島よしおの

「まえ まえ まえ」が最近のヒット。

これは何事も前向きにというギャグで

「前に 前に 前に」らしいのですが。

そんなえーたくん、家族で

「ゲゲゲの鬼太郎展」に行ったときは

だれよりも熱心に見入っていました。

墓場鬼太郎の原画があったのが収穫でした。

「家に漫画あるよ」と言ったら

「見せてくれ〜!」と言ってました。

小4に墓場鬼太郎を見せてよいものか。

特にトイレも一人で行けないのだから、

家中の付き添いを強要されそうで、ちょっと躊躇しますな。


今回は親バカネタでした。では。



馬鹿親ついでに、たまちゃんの傑作4コマ漫画もね。

| 16:35 |
| 1/4PAGES | >>