絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ドドとヒー こぶねのぼうけん
ドドとヒー こぶねのぼうけん (JUGEMレビュー »)
おだ しんいちろう, こば ようこ
子どもの頃の日記16
(ぶん おだしんいちろう)

ついに最終回を迎えました。
名残惜しいのは、もちろん僕だけですが。
ラストを飾るのは病院でのナイスエピソードです。


 11月20日土曜日
  三時ごろ、山本医院へ行った。
 でも休みだった。六時ごろ、母が帰ってきて、そのことを話すと、
 「ほら、松岡さんに行っておいで。」
 と言った。そして、松岡医院に行って、
 「織田真一郎です。」
 と言ったら、
 「えっ、野田?。」
 と聞きなおした。だから
 「いや 織田です。」
 と言った。あまりわかったような顔はしなくて、
 「保健証は。」
 と言った。だから、
 「えっもってこなかった。」
 僕はこの時、あっお母さんがもたせるの忘れたな。
 と思った。
 その時、看護婦さんが、
 「保健証もってないとやれないから保健証もっておいでっ。」
 と言った。
 僕は、看護婦さんがとてもにくらしくなった。
 家に帰ってとってきたら 中に入った。
 いきつけのお医者さんがいた。
 「いい子だね、一人で来て。」
 と言った。それから、話が始まった。
 「どうしたの。」
 「たんがつまって、のどがいたい。」
 「ふんふん。」
 「のど見せて。」
 「ふーん、のど真っ赤。」
 カルテを見ると、マクドナルドのような絵を書いて、
 赤でぬっている様子だった。それから
 「それじゃ、薬をあげとこうね。」
 と言った。
 長いいすにすわって思った。
 あの看護婦め、織田、と言ったのに、野田、野田、と
 聞きかえして、保健証までとりに行かせやがった、
 織田、としっかり聞いていれば、
 医者の方が僕のこと知っているから、
 保健証なんか、取りに行かなくてもよかったのに。
 その時、窓口から
 そのにくたらしいのが顔を出した。


すばらしい! 天才です。
90点です。
10点分のマイナスは、漢字間違いです。
×保健証→○保険証

それではごきげんよう、また会う日まで!
| 09:55 |
子どもの頃の日記14
(ぶん おだしんいちろう)

東京の府中に住んでいたのはわずか2年半だったのですが、
思い出の宝庫です。
6年生になりました。


 4月23日金曜日
  今日、学校に来ると、こいのぼりを登らす仕事を、
 やっていました。僕は見ていました。
 学校の帰り、それをとりはずしました。
 これは、僕たちだけでやりました。
 こいが下までおりてくると、ぎょう中検査隊と言って、
 こいのケツから入って、口から出てくる子もいました。
 先生はいなかったのでやれたことです。
 そのあと、ボールで遊びました。
 説明は出来ませんが、これは、こいのぼりを登らす、なわを使いました。
 これも、先生がいなかったから出来た遊びです。
 先生がいたら、出来なかったから、つまんなくて、
 みんな帰っていたかもしれません。
 ひでは、青こいのぼりをもって、運動場じゅう走りまわっていました。
 ひでー見つかるなよーとみんなで言いました。


こいのぼりを使って「ぎょう中検査隊」とは、
子どもってホントいいセンスしてる。
そして、こいのぼり持って校庭を走る子ども。
美しい!

物語の終わり方が、つくづく難しいと感じる今日この頃。
この日記はきれいに終わってるなー。
参考にさせてください。
| 12:51 |
子どもの頃の日記13
(ぶん おだしんいちろう)

小5になっています。
府中の小学校へ転校して、約1年が過ぎています。
今でもよく覚えているエピソードです。


 6月2日火曜日
  落としあな
  学校の二十分休みに、小さいバケツで落としあなを作った。
 一、二年がどんどんあなに落ちていく。
 休みが終わっても遊んでいた。
 そしたら、一、二年の子が、
 「落としあなを作ってたのは、しょくいん室へこいだってさ。」
 といってきた。
 「しまった。」
 とおもったけど、おそかった。
 先生の所へ行ったら、
 「また昼休みにこい。」
 と行った。あとで、よく考えたら、
 昼休みはないんだって思った。
 でも、教室へ入ったら、先生が、
 「落としあな作ったのは、こっちへこい。」
 と行った。
 「あっペタンだ。」
 と思った
 でも、ペタンは、しょくいん室へよばれた時からわかっていた。
 二回もやられた。
 西君なんか、ももにやられた。
 とてもかゆくなるんだ。


5年で砂遊びとは、と思いますが、
ちょうど砂場が新しくなった頃で楽しかったんです。
そのへんの1、2年をつかまえて、
「ちょっとおいで。こっちこっち」
などと言って近くへ呼んで、落とすんですね。
今思うと、その1,2年にチクられてるっぽいですね。。

この時、教頭先生を落とした記憶があるのですが、
なぜか日記ではふれていません。

ペタンというのは、長い鉄の棒でふくらはぎをたたく
「おしおき」のことです。
棒は、たぶん園芸であさがおのつるを巻いたりする緑のやつです。
ふくらはぎが赤く腫れ上がります。
当時このペタンに疑問を持っていた生徒は、1人もいなかったと思います。
このペタンの先生を囲んで今度、25年ぶりのクラス会をやります。
| 10:54 |
子どもの頃の日記12
(ぶん おだしんいちろう)
小4、夏の頃。


 9月4日木曜日
 ?
 9時までにねなければならない。
 きのう、お父さんが、
 「これから、9時までにねないと、
 ベランダへだすぞ。」
 といった。
 きょうは、その一日目だ。
 いま、八時三十分。
 ギリギリセーフぐらい。


そして次の日の日記。


 だめだ
 あーもうだめ九時になるー


連作になってました。。。

| 14:34 |
子どもの頃の日記11
(ぶん おだしんいちろう)
ごーがーつー いつかーのー、
タイムリーだったので、この日記。
小4になってます。



 5月5日月曜日
  ゲームを買ってもらったこと
 きょうは、こどもの日だった。
 だから、ゲームをかってもらった。
 ぼくは、もうすぐ、十才になるんだから、
 十才らしいゲームをかった。
 億万ちょう者ゲームを買った。
 とっても、むずかしかった。



十才らしいゲームって。。。
もう一本いきましょう。



 7月18日金曜日
  通知表
 あしたは、通知表がまっている。
 お母さんは、音楽と図工はBだなと言う。
 でも、ぼくは、図工はAじゃないかなと思う。
 お父さんは、いつも、テストは、九十点い上だと
 いっていた。
 だけど、うそだと思っている。
 お父さんは、自分のことを、頭がいいと思っているけど、
 きょう、パジャマの、パンツを、
 はんたいにはいた。
 みんなで大わらいをした。



日記は、学校の先生に毎日見せてたようで、
毎日コメントを入れてもらってる。
この時も、
「織田君のノートへ、赤ペンを入れるのも、これが最後かな。
チョッピリさみしい。お元気で。」
とある。この後、東京の府中へ転校したのです。
| 08:51 |
子どもの頃の日記10
(ぶん おだしんいちろう)
ついに10回目であります。
まだ続いちゃうんですね、これが。
残された日記が10冊くらいあります。
これを全部読まないと、気が済みません。
自分の日記を読み返すのは、考えてみれば初めて。
約30年ぶりに、当時の自分に出会っています。

小3,夏休み。


 8月9日
  きょうとてもたのしいことがあった。
 えりちゃんがないているまに、
 ぼくと、るりちゃんと、けんくんで
 ごはんのとき、えりちゃんがのむ
 おちゃのなかに、ソースを、いれた。
 とてもたのしかった
 えりちゃんがのむと、
 にがいなーとゆうかおをしていた。


このエピソードは今でもよく覚えています。
小3の夏休みだったんだな。
記憶では醤油だったのですが、本当はソースだったのか。
それにしてもひどい話。
泣かしといて、
「えりちゃん、ごめんね。こっちおいで」
と食卓に呼び、
「ほらお茶だよ。ほんとごめんね」
なんて言ってソース入りお茶ですよ。
しかも「とてもたのしかった」って。。。
その時のお茶は「麦茶」と記憶しています。

| 10:08 |
子どもの頃の日記9
(ぶん・おだしんいちろう)
小学3年生、夏の日記。
涼しくなる話です。


 7月2日
  きのう、ねずみとりを、どこかへ、つけといて、
 きょう、ねずみが、かかっていた。
 ぼくが、
 「ねずみが、かかってる。」
 といったら、おかあさんが
 「じゃあ、みずの中へ、つけといて、あとで、うめれば。」
 といった。
| 14:20 |
子どもの頃の日記8
(ぶん おだしんいちろう)
今日はなんと3本立てです。
まずは2年生最後のほうの日記。


 2月9日金曜日
  いま、おかあさんがおこった。
 ぼくが、「うるせっ」
 ていったら、小さな声で
 なんかごちゃごちゃいった。


ライヴで書いているので臨場感があります。
では次、3年生になったころです。


 4月21日
  きょう、ぜんいんしゅうごうを、見る。
 まだみていない。
 だけど、とてもおもしろい。
 とくにしむらけんが、おもしろい。
 たかぎブーは、あんまりおもしろくない。


いやー、ついに出ました、全員集合。
曜日が書いていないのですが、土曜日でしょうね。
たかぎブーの味は、子どもにはわかりません。
では最後の1本。3年の5月。


 5月15日
  きょう、コロコロコミックを、かった。
 ほんをみておもしろくて、わらって、ないた。
 ころげまわって、ベッドから、おっこちた。
 でもまだわらっていた。
 また、もう1回みる。


しあわせそうだなあ。
| 12:44 |
子どもの頃の日記7
(ぶん おだしんいちろう)
ついに2年生になりました。
膨大なしょーもない日記ばかりですが、
なかには「いいねー」というものもあります。
1冊に1,2しかありませんが。。
今回は謎が謎を呼ぶスリリングな展開。
8月という季節もいい。


 8月16日水曜日
 ♯きめたことがぜんぶきえた♯
 いわまくんと、あそぶんだけど、
 いわまくんが、こない。きえた。
 ピアノが、ない。なくなった。
 はいしゃも、やめた。きえた。
 がっこうのプール。きえた。
 はなに、みずを、やる。わからない。
 ピアノの、れんしゅう、やった。
 ぼんおどり。まだいってないけど、いくつもり。
 きんちょーる。


ぼんおどりがどうなるのかと思いきや、
「いくつもり」で、ほっとした。。
ドキドキ。
| 13:45 |
子どもの頃の日記6
(ぶん おだしんいちろう)
まだまだ続きますよー。
小1の最後のあたりの日記から。

 3月31日金曜日
 ♯おふろ♯
  これは、おふろの、はなしです。
 おふろに、せんめんきを、いれた。
 あたまを、あらおうと、したけど、
 のどが、いたいから、やめた。
 そうそう
 はいるまえに、おふろが、ぶくぶく、
 いってたから、びっくりした。
 ふっとうして、いたから、
 ぶくぶくして、いたんだ。
 おかあさんが、
 「あついからきおつけなさいよ。」
 と、いって、いた。


気をつけなさいどころの話じゃないですね。
よかったです、ぶくぶくに気が付いて。

「これは、おふろの、はなしです」の出だしが好き。
どこかでアレンジして使いたいと思います。
| 22:24 |
| 1/2PAGES | >>