絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ドドとヒー こぶねのぼうけん
ドドとヒー こぶねのぼうけん (JUGEMレビュー »)
おだ しんいちろう, こば ようこ
逆に言うと
 (おだしんいちろう)

偶然3時前に目を覚ましたのに、

翌日のことを考えてしまって、そのまま寝てしまった。

おかげさまで歴史的な試合を観ることはなく。。

朝、弟の「まじでー!」の声で目を覚まし、

僕も布団の中で(まじでー!)と思った次第。

テレビをつけて、ダイジェストで喜んでました。

なでしこジャパン、おめでとう。


「逆に」の話。

最近は下火な気もしますが、

一時期はみんなで「逆に」「逆に」と

言いまくってましたね。

逆すぎてホントはなんだったか、わかんなくなるくらい

逆だらけでした。

一体いつだれが流行らせたのか。

昔テレビばっかり観ていたころは、

はやり言葉の「でどころ」がわかったものですが、

ここ10年、わかりません。

「〜みたいな〜」はとんねるずですよね。

未だに影響力がある言葉だと思います。

「逆に」は、だれなんでしょう?


この言葉、流行ってなかった頃はみんな

どんな表現をしていたのでしょうか。

当然言わない中で生活できたはずだし、

それで言葉に困ったこともなかったはず。

しかーし、一度流行ってしまうと、なぜか

ついつい「逆に言うと。。」と言いたくなってしまいます。


僕はこともあろうに、授業中に言ってしまいました。

色の三原色の話。

「赤、青、黄。この色に白と黒があれば、無敵なのよ。

ほとんど無限に色が作れます。

赤、青、黄は元になってる色だからね。逆に言うと

赤、青、黄は、他の色を混ぜて作ることができません」

(シモタ〜、逆に言うなよ、僕のバカ!)

誘惑に負けた瞬間でした。

逆に言わない日々を送りたいものです。

| 18:29 |
「すごい」の恐怖
 (おだしんいちろう)

「すごい」という言葉の使われ方は、ハンパないと思うのです。

おそらく普通の会話で10.3秒に1回は出てきます。

「すごい」の氾濫です。

もう、すごいは、全然すごくありません。

「えっとー」くらいの価値しかありません。

僕だって流行ってる言葉を年甲斐もなく使うし、

(ハンパないって言ってるもんね)

凡庸な表現も多いと思いますが、それはそれ。


気になりだすと気になるもので、

テレビでタレントやアナウンサーが

すごいすごいって連発してると「すごいって言うなよー」と

思ってしまうのです。

特にアナウンサー。

プロがすごいと言ってはダメです。

楽してはダメです。

「すごい」は禁止にして下さい。

別の言葉に置きかえてください。

するとなにやら新しい表現が出てくるでしょう。


それにしても恐るべき「すごい」ですね。

僕は封印しているつもりなのですが、

気を抜くと「すごい」と言ってしまいます。

すると「ああっ、負けたっ」と思うのです。

こんな強敵語はいませんよ。

こんな僕の格闘は、かみさんですら知らなかったことでしょう。

人知れず言葉と闘う僕。


うっかりこのブログをみてしまったアナタ。

残念ですが、今後

「すごい」

が気になる一生を送ることになります。

でも僕を恨まないでネ。

次回は「逆に」を検証します。

楽しそうですね。

| 23:17 |
小説の漢字2
(文 おだしんいちろう)
最近、小説の舞台になっている場所を
紹介する単行本が出ているそうです。
見たことはないんですけど。。

そのモノマネではありますが、
読めない漢字を辞書のように書いてくれないかなあ。
例えば、ページの左側3行くらい空けて、
そのページの読めそうもない漢字の読み仮名を書く。
場合によっては解説もつける。
教科書のようにページの下側だと
単行本は小さいので読みづらくなるかな。

もしかしたら本の最後にまとめて書くのがよいかもしれません。
人名とその他に分けて、あいうえお順で。
何ページかにわたって人物相関図があってもいいと思う。
人間関係もわかって、読み方もわかって、
うっかり歴史博士になっちゃいます。
そういう邪道的な本は作らないのかな。
地図付き小説が出たからには
完全ガイド付き単行本があっていいと思います。

旬の電子書籍で、そういう機能はないのでしょうか。
わからない漢字があって、クリックすると教えてくれるとか。
地名をクリックすると地図が出てくるとか。
なんとでもいけそうだな。
それとも、もうやってるのかな。
これやられると単行本もツライか。

ipad、初めは欲しいーと思ってましたが、
あまりにもみんなが持ちそうなので、様子みてからにしよっと。
しばらくは単行本、ガンバレ。  完。
| 23:43 |
小説の漢字1
(文 おだしんいちろう)

今、流行に目一杯乗って
竜馬がゆくを読んでいます。
ま、学生時代に勉強を相当に怠ったこともあり、
幕末のことなんてなんにも知らなかったのですが、
ふむふむ、そうだったのかあ〜。
と、目からうろこが落ちまくりです。
「新撰組って、そういうモンか〜」と。
あまり言うと馬鹿がばれて
へたすりゃ仕事にも影響を与えかねないので
いまさらの感ありですが、この辺にしておきましょう。

それでですね、読んでいて
一番納得いかんぜ〜と思うのが、漢字であります。
ルビが、あまりにも最小限すぎやしませんか。
そんなにみなさん読めるのでしょうか。失礼。

歴史物の小説は、名前や地名なんかが特にわからない。
最初の1回目だけはルビが振ってあったりしますが、
1回じゃ人間覚えられませんよ。
読めない場合、
「そういえば前にルビ振ってあったっけな」と
必死でページを戻します。
戻して見つかった場合、
「よーし、ゲット。そうだったかあ」
といきますが、見つからない場合の敗北感。
読めない上に、見つからなくて無駄な時を過ごします。

問1 次の名前に読み仮名をつけなさい。
「大久保一翁」

なにっ、簡単?
よっしゃ、スペシャル問題じゃ。

問2 次の文に読み仮名をつけなさい。
「その他末輩の、古沢八左衛門、同迂郎、岩神主一郎、井原応輔、
浜田辰弥、橋本鉄猪、土方左平、戸羽謙三郎、中山刺撃、那須盛馬らに
いたるまで、一時に勤事控(ごんじひか)え、つまり自宅謹慎、
親族預(あずけ)などの処罰をうけた。」

僕は変に真面目なので、正確に読んでいきたいのです。
しかーし、これでは泣く泣くすっとばすしかありません。
ルビばっかじゃうっとおしいし、
本来読めてくださいよ的なモンかも知れませんが、
そこは親切にいきたいものです。

そこでです。
僕のスーパーアイデアがあるのです。
ドキドキして次回へ続くですよ。
| 00:26 |
漢字2
(おだしんいちろう)

100円ショップで単語帳買ってきて、
書けない漢字を書いていきます。
3回連続で正解したら破って捨てるという
ルールにしました。
初めは5回だったのですが、
いつまで経っても減らないので3回に。
うっかり3回目で間違えたら
1からやり直しです。
ちょっとゲーム仕立てで僕っぽいです。

これが、5連続で書けなかった漢字があって、
「オレはホントにアホ」
と思いました。しかーも、普通そんなに難しくないと
思うのですが。。
「こころざす」です。

書き順については、どうでもいいじゃんという人が
結構多いのですが、僕はあえてこだわりたい。
いえ、全然だめなのですが、
どっちでもいいよとは思えません。
昔と今で書き順が変わったりして、
それはどうなのよというツッコミもありますが、
それはそれ。解釈というか考え方というかが
変わるものもあるのでしょう。
うむ、穏健な意見であります。

書き順の多くは成り立ちから来ていて、
それを崩すと漢字の根幹に関わるものが
かなりを占めるのではないでしょうか。
それにですね、僕は間違った書き順を直すと
その字がキレイに書けるようになるんです。
これにはびっくりしました。
自然に鉛筆が動いて、きもちいいんですよね。
アホでしょうか。。

ちなみに「用」は、学研の小学漢字辞典(息子のじゃん)
によると、最後は横・横・縦です。
横は長方形の板を表し、それに棒を上から下まで
突き通す様子だそうです。
「庸」「通」も仲間。
当然、用の最後はは横・横・縦となります。

こばは、超全く興味ないんですよね。
張り合いがない。。つづく(かも)
| 23:27 |
漢字1
(おだしんいちろう)

今、漢字流行ってますね。
漢字が流行るっていうのもおかしな話ですが。
僕も少々、その流れに逆らえませんでした。
漢検の本買ってきました。
といっても、夏の頃ですが。
ようやく1冊終えました。
何級かは秘密ですよ、そりゃ。
ハンパ無く恥ずかしい級ですからね。
漢字苦手なんです。
いつの日か堂々と言える日が来ることを
願っています。

しかしですね、一番驚くのは書き順ですね。
あれ、この話前に書いたかな。
ともかく「マジかよ!」と独りで叫びますね。
「そうなの!」とか
「ありえん!」とか、いろんなパターンがあります。
まずは基本の「右」「左」から。
どちらも縦と横が交互にくるんですね。
気付いたときは感動しました。
「右」は縦・横・縦・横縦・横。
「左」は横・縦・横・縦・横。
そう考えると覚えやすいし、書くときもなんだか新鮮です。
次に「九」「入」
これ間違ってましたから、重症です。
娘と一緒に小学1年やり直すかな。
不安な人は確かめて下さいよ。やっちまってるかも知れません。
冷や汗をかいている人が1人でもいれば本望です。
そうだみなさん、
「歌」「歯」
大丈夫ですか。。。
次回に続く。
| 23:44 |
擬音
擬音語・擬態語は、罠であります。
宮沢賢治級なら別でしょうが、

ざくざく掘りました。
ボールがぽーん、ぽんぽん。
ぐうぐう、すうすう。
ゆらゆら。

などは、哀しい。
僕もつい。。。
使うのには理由もあるのでしょう。
リズムがいいので子どもも喜ぶ。
書く方も楽なので、つい使う。
しかーし、これほど凡庸なこともない。
文章に対してなんにも考えてない。

擬音語は飴です。
子どもは大好き、おとなは(飴を)あげれば楽。
飴ばかりでは子どもの脳みそ溶けちゃうよ。
僕としては、たまに使う分にはいいかなと思っていますが。。
たまに飴をあげるようなものです。
ですが、飴のあげすぎは要注意。

使うときは悩みます。
でも使っちゃうんだよなあ。
どーん!
ごめんなさい、日本語さん。。。

逆手にとったような絵本があります。
絵本を読まされるお父さん、これはお勧め。
読んでて楽しいから。
「はたらくくるま みちをつくる」(教育画劇)
こもり まこと 作/絵
気持ちいいくらい擬音のオンパレード。
「グォン グォン ブルブルブルル」
「グオーン グオーン ガラ ガラ ガラーン
ドドドドドォ」
是非「アツく」読み語ってほしいものです。
| 23:26 |
| 1/1PAGES |