絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

みなみ野最強伝説20
 (おだしんいちろう)

みなみ野が更に最強になるためには、

まだクリアしなければならない問題があります。

まず店舗ですが、

GAPがない。

早く来て下さい。

わざわざ橋本まで行かなければなりません。

とにかく絶対にお客さん入りますので。

来ちゃいけない理由がありません。

あとユニクロ。

無印良品も。

これらの店は最近の大型複合店によく入っています。

ベタといえばベタですが、そこはいいもんはいいということで。

あと、某銀行。

なぜみなみ野にない?

あまりに不便なので山梨中央銀行に全部引っ越そうかな。

せめてATMが欲しいわ。

いつもコンビニで手数料払うのはやってられん。

と、いろいろあります。

最後に夢物語を。

みなみ野4強、

「三和」「フレスポ」「ホーマック」「アクロスモール」

全部バラバラにできたのは痛恨です。

いちいち横断歩道を渡らないといけません。

三和からホーマックなんて2回渡るんですよ!

(交差点の斜めの位置関係)

ないわ!

これは全部ひとつにして巨大複合施設にして下さい。

そうすれば全体的に活性化します。

駐車場も1カ所にすると、伝説はレジェンドになります。

ちなみにホーマックの駐車場は

最強に使いづらいし危ない駐車場です。

なんとかしてくれ。

しかもこんないい場所を駐車場に。。

見晴らしはいいのでいいといえばいいけど。

ちょっと夢すぎたので、もう少し現実的に。

交差点の信号待ちの所に屋根つけて下さい。

雨や日差しが防げるだけでもみんな絶対うれしいと思う。

そうだあともういっこ言うことあったので図解で失礼します。

郵便局の交差点。

2012_09_11


ではさようなら〜。

| 12:47 |
みなみ野最強伝説19
 (おだしんいちろう)

書いてない店をいくつか。

ケーキ屋さん(ペール・ノエルやヴェールの丘)

があるあたりに、いくつか店があります。

まず西松屋。

ベビー服、子供服の店です。

以前はだいぶお世話になったのですが、

子どもが大きくなるにつれ、足が遠のきました。

ホントにちっちゃい子向けの店なのね。

それにしても西松屋、どうやって経営が成り立っているのだろう。

こんなことばっか気になる僕って変かな。

だってお客さんあんまりいないので。。

店は広くてお客さんいないから、子どもが端から端まで

全力で走れちゃいます。(店で走るなっ)

それで激安(300円くらいの服多し)だから。

蛍光灯もこれでもかというほどついてて、

なんかもったいな〜い。

これで歩けないほどの大盛況ならわかるのですが。

それでいて、どんどん店舗増えてる気がします。

どうなってんだ?


はい、次。その隣にバーミヤン。やったー。

僕、バーミヤン好きですからね。

こばとは結婚前からいやというほど行ったものです。

ちなみに注文は麻婆豆腐と餃子。

これしか頼んだことがないくらいです。

他の店でもそうですが、一度決めたらもうそればっか。

最近は、外出中こばに「お昼どうする?」と聞くと

「例の店でもいいよ、別に」

「えっ、例の店っていうと例の店ですよね?」

などという謎の会話になります。

それほどバーミヤンには行きました。


はい、次。その隣にデニーズ。

町にデニーズがあると落ち着きますね。

といってもこれは行かないな。

何回かしか行ったことない。

それは隣がバーミヤンだから。

どうしても麻婆豆腐なんですよね〜。無敵です。


はい、最後。近くに赤い看板のカフェ。

名前知りません。

こばに聞いたら「ターボラ」だそうです。

これは覚えられん。。

店自体はいい感じなんです。

所謂おしゃれなオープンカフェです。

食事もできるし、お酒もあります。

カウンターがあって、ステキ。

僕はこういう店にヨワイのです。

しかーし、お客さん入ってないんですよね〜。

これはひとえに「場所」とみました。

みなみ野の中心から外れているのがな〜。

デニーズなどならいいのですが、

「いちカフェ」が、ポンとあっても難しいと。

人通りもほとんどない場所だし。

この店に狙いを定めて行かないと普通行きません。

ふらっと立ち寄るのがカフェでしょう。

この位置では、ふらふらふら〜と

迷子になるくらいじゃないとたどり着きません。

それか、あえて町外れにつくったのかな。

混雑した店でなく、落ち着く店を目指したと。

その場合、経営とどう折り合いを付けるのか。。

大きなお世話なことをいっつも考えてしまうのでした。

ああ、みなみ野の中心にあったら

きっと繁盛してるし、僕も絶対行ってるのに!

なぜその場所なんだー。

あんまり気になるので、車で通るとき、

必ず横目でちらっとみて

(今日はお客さん入ってるカナ)

などと思うのでありました。


おまけ。

その、えーと「ターボラ」の隣。

「雲母保育園」

なんと読むか。

「きらら保育園」です。んなバカナ、とずっと思っていました。

で一応いま調べたらなんと「雲母」を「きらら」と

読むらしい。やられたっ。世の中には謎が多いですね。

ではさわやかに続きます。

| 11:41 |
みなみ野最強伝説18
 (おだしんいちろう)

さあさあますます盛り下がってきた

みなみ野最強伝説も、そろそろ終わりにしたいものです。

最近できたネッツトヨタのお店。

みなみ野を牛耳る三和の裏手がずっと空き地だったのですが、

突如出現しました。

通りに面したところがガラス張りなのは

他のネッツトヨタ店も同じだと思うのですが、

ちょっと店が目線より高い位置にあって

周りにごちゃごちゃと店がないので

ガラスが効果的に見えるんですよね。

ネッツトヨタのガラス張りをここまで

喜んで見ているのも僕ぐらいなものでしょうが。

で、ガラスから子どもが遊べるコーナーが見える。

うちの末っ子はあれを見て

「あのお店、行きた〜い」

と言ったので、やっぱり効果的なのでしょう。

うちの車はプジョーなのですが、

車検やら点検やらは、最近ここに持って行きます。

これはいい根性でしょうか?

だって安い・近い・接客がいいの三点セットなのですもの。

接客はもう神がかっています。

ザ接客です。

笑顔や物腰の柔らかさ。

あと例えば座っているとき、お客さんを見下ろすかたちで

話をしません。ちゃんとしゃがんで話します。

当たり前? だとしたら日本は奇跡の国ですね。

あともういっこあった。

「代車がある」

これこそ当たり前かもしれませんが、

プジョーのディーラー(八王子)に代車ないのよ。。

車を修理に出して、

「さあ、どうやって帰ろう」

と。プジョーの他の車乗ってみたいのにっ。

ちなみにネッツトヨタの代車はプリウスでした。

あれだけ馬鹿売れのプリウスってどんなのかと興味津々。

話題になるし、話題になるということはそれだけで

宣伝になってると思うのですが。。

実際代車に乗って気に入って買うひともいるみたい。

ネッツトヨタはさらにレンタサイクルもやってます。

車預けてる間ちょっと買い物とか、

代車借りるほどじゃないわよねとかいう人は

自転車借りられます。素晴らしい。

僕も借りてみました。

いいねいいね〜。

でも結局みなみ野の行動範囲って限られてるから

歩いたほうが早いくらいだったかな。

いかにみなみ野が行動しやすい町であるかが

わかるエピソードでありました。

ああ、もうちょっとだけ続く。

| 20:41 |
みなみ野最強伝説17
 (おだしんいちろう)

みなみ野のケーキ屋さん第2弾です。

ペール・ノエルのほぼ真向かいにヴェールの丘があります。

前回書きましたが、先にあったのはヴェールの丘なのです。

ペール・ノエルに喧嘩を売られ、

(と思っているのは僕だけか?)

「その喧嘩、買った〜ァ!」

と、ヴェールの丘は立ち上がったのです。

(僕の思い込み)

地元密着でほのぼのやってたのに。

で、即店舗を建て替えました。

なんという機動力。

余計なお世話ですが、よくそんなすぐ資金用意できたな。

と実際思うほど行動が早かったのです。


できたのは。。

ドイツのメルヘン街道的な。

ペール・ノエルにしても

ヴェールの丘にしても

どっちみちヨーロッパ風なのですね。

ベクトルが同じなのです。

ステキですわよ。僕、こういうのヨワイんです。

つくってるわ〜って思っても、ヨワイんです。

ディズニーランドです。

だって実際店の中、使ってもいない

ちっちゃいフライパンがカウンターの後ろに飾ってありますから。

やっぱりケーキ屋さんは1に店舗、2に店舗、

3,4がケーキの見た目で5に味ですな。

主観なので反論はヤメテ下さい!

ではペール・ノエルとの差別化はどこかと言うと、

カフェがついていることでしょう。

優しい日差しがテーブルに降り立ちます。

昼下がりの優雅なひととき。。


そうだ、ケーキはですね、おいしいです。

また行きます。


最後に、どっちの店が勝ちかというと。。

いろいろ互角だと思うのです。

ただ、一点ヴェールの丘に不利なことが。

それは場所。

交差点から車で入るとまずペール・ノエルがあるのです。

ヴェールの丘に行くにはさらに前進して奥の交差点で

Uターンしなければならない。

だから我が家の場合、ペール・ノエルに行くことが多いです。

こんな勝手なことを書いてしまったので、

お詫びに今度ケーキ屋さんに行くことにします。

まずは不利なことを書いてしまったヴェールの丘に。

なに食べよっかな〜。

| 17:31 |
みなみ野最強伝説16
 (おだしんいちろう)

今回はケーキ屋さんです。

といってもいつも行くのは

ペール・ノエルとヴェールの丘の2店のみ。

なぜなら……

近くて行きやすいから。以上。

みなみ野最重要交差点の内のひとつ、

「八王子南郵便局前」

を1分歩くと、この2店があるのです。

そう、2店はほとんど同じ場所にあるのです。

これは火花バチバチです。

ケーキ屋戦争くらいの勢いがあります。

ラーメン屋ってラーメン屋の近くにつくりますよね、なぜか。

勝負を挑んでいるのか、

相互作用でお客さんが入りやすいのか

なんだかいつも気になっているのですが、

このシステムが「ケーキ屋さん」に適応されようとは。

勝負を挑んだのは

ペール・ノエルの方です。はい。

なんか小さな城みたいなやつを、ドーンとつくったのです。

ちょっとした庭もあって、ス・テ・キですよ。

店内もステキですわ。

一言で言うとディズニーランドのケーキ屋さん的な。

つくられた感バリバリです。

外から見るとれんがの煙突があるので

店内に暖炉でもあるのかと思いきや、

暖炉部分が子どもの遊び部屋になっているのでした。

(暖炉の中に入って隠れ家のように遊べる)

やるじゃないの。

コーヒーも無料で飲めますよ。

とにかく、ケーキを食べる前に勝利です。

これはズルい。

店構えで決まってしまうのですね。

で、肝心のケーキは……おいしいです。

店構えや雰囲気、ついでにケーキの見た目のかわいらしさで

2割増しだと思いますが、

それも含めての味であろうと。

特に生クリームがしっとりというか、きめ細かいです。

味はどれもバランスがよくて奇をてらっていません。

万人受けする味だと思います。

つまり、ハイソサエティーなケーキではなく

庶民のケーキであろうと。

だれがなんと言おうと。

さっきどこかの口コミをみてみたら

どれもこれもべた褒めだったので

釘を刺しておかねばなりません。

そう、これはケーキ界のトヨタ車なのです。

ショートケーキならばカローラなのです。

他の多くのケーキはプリウスなのです。

ホールケーキはアルファードなのです。

ついでに言っておくと

日産ならマーチであり、

マツダならデミオなのです。

はい、謎だらけになったところで続きます。

| 15:10 |
みなみ野最強伝説15
 (おだしんいちろう)

末っ子こっちゃんに水いぼらしきものができました。

みなみ野クリニックセンターにある皮膚科は

恐ろしいほど混んでいるので

穴場の皮膚科へ。。


姉のたまちゃんも以前水いぼができました。

その時は南大沢という町の皮膚科へ行ったのですが、

そこも混んでいました。

どうしてこう皮膚科は混むかな〜。

ようやく診察。その場で

「じゃあ取っちゃいましょうね」

と気楽におっしゃるお医者様。

たまちゃん、何が起こるか知りません。

僕だって知りませんでしたが。

ピンセット用意、間髪入れずぴっぴっと。

熟語で言うなら阿鼻叫喚。


今回のこっちゃんもアレやるのかなあ。

比較的空いているのですぐに呼ばれました。

知らないということは幸せで、こっちゃん平然。

「水いぼですね〜。取っちゃいますか」

で、でた〜。しかし続きが。

「麻酔してからですので、2時間後また来て頂きますが、

大丈夫ですか?」

何? 麻酔すんのか。幸せな時代ですこと。

シールを切って、患部に貼る。

たぶん20カ所くらいです。

2時間後にまた病院へ。

ピンセット用意。

不穏な空気にも揺るがないこっちゃん。

(麻酔っていっても、少しは痛いだろ)

むしろ僕がどきどきです。

ぴっ、ぴっ。

こっちゃん微動だにせず。

こっちゃん、なにかの達人ですか?

……後でこっちゃんに聞いたら

「少し痛いとこもあった」

とのこと。それをぴくりともせず。

強いぞこっちゃん!


よく考えたらこの病院はみなみ野ではなかった。。

| 22:23 |
みなみ野最強伝説14
 (おだしんいちろう)

登り調子の町、みなみ野。

もちろん病院も多数。

ぬかりはありません。


郵便局の交差点に

みなみ野クリニックセンターがあります。

耳鼻科、歯科、皮膚科、眼科、小児科、内科、

外科、整形外科、産婦人科、糖クリニック……。

これは全部じゃないの?

全病気対応センターか?

病気恐るるに足らず。


しかし、文句もあります。

皮膚科は、混みすぎです。

皮膚科って意外にないのね。

だからうちでは最近穴場の近隣皮膚科に

行っています。

みんなこっちの皮膚科を知らないな?

ふふふふふ。

あと耳鼻科も混みすぎ。

混むからと思って

朝の8時30分に行ったんですよ。

(8時50分はじまりで)

ぬわんと20人くらい並んでいて

1時間待ちって。。バカナ。。

はーい、今から医者になるひとー、

耳鼻科になって下さい。

もうかりまっせー。


では、「こんなにいらんだろう」

という病院はと言えば、歯科。

石を投げりゃ、歯医者に当たるレベルです。

なぜかうちではこのクリニックセンターの

歯医者には行ったことがありませんが。

なぜだろう。

ちなみに今長男えいたが矯正をしていて

北野駅近くの歯医者に行っていますが、

ほとんど他の患者さんに会いません。

予約ができるとはいえ、

そんなにいなくて大丈夫でしょうか。

やっぱり歯医者多すぎなのでは。

まだ病院については言いたいことあるので

続きます(笑)

| 19:01 |
みなみ野最強伝説13
 (おだしんいちろう)

蕎麦屋「穂科」。

ざるしか頼まない僕ですが、

一度だけうどんを食べたことがあります。

これがまたおいしいのです。

つるっつるの。。。

他に表現ないんですかね。

うどんの粉っぽさを感じないんですね。

透明感のある麺で、

つるつる勝負したら世界ランカーになれそうです。


あと特筆すべきはミニ天丼。

ミニなところがお客さん思いですね。

蕎麦食べて普通の天丼は入りませんよ、普通は。

そこで「ミニ」天丼。丁度いいです。

これまた天ぷらひとつひとつが丁寧です。

僕のおばあちゃんが必ずこれでした。

蕎麦は食べないのでこれだけ。

おばあちゃんサイズでもあるのです。

そういえばおばあちゃんもこれしか頼まない。

あと釜飯が好きだったので、

おばあちゃんとは釜飯屋ばかり行ってた。

もしや僕の「一度決めたらこれしか頼まない」は、

おばあちゃんゆずりなのか?

この仮説は後日検証しよう。


帰るとき、子どもにおかしをくれたりします。

ちょっとしたことですが、

あったかくて好きです。


今度はたぶん病院について。

ドキドキして続く。

| 17:28 |
みなみ野最強伝説12
 (おだしんいちろう)

三和の裏手に、蕎麦屋「穂科」(ほしな)があります。

店の前に3〜4台車を停められる駐車場があるのですが、

それなりに目立たない店構えです。

しかしこれがおいしいのです。

みなみ野最強どころか、僕の中では日本最強なのです。

別にそばに詳しいわけでもなく、せいぜい

おいしいと言われる店にいくつか行ったくらいですが。。

もりとざるの違いって、のりがのってるかどうかだよね?

と不安げに言うくらいのレベルです。

そんな僕が蕎麦屋に入るたびに

(おいしいケドさ、こんなもんかな、おいしい蕎麦って)

とかなり偉そうに思ったものです。


穂科の店長さんは、蕎麦嫌いだそうです。

蕎麦嫌い店長の蕎麦屋!

漫画にありそうな粋な話です。

そんな店長さんが、

だったら自分でおいしいと思える蕎麦をつくったるわ。

と思い研究して、ついに

「こ、これが追い求めていた蕎麦じゃ〜!」

と言ったかどうかはともかくとして

店を出したと。


僕は、行くと「ざる蕎麦」しか頼みません。

他の店でもそうなのですが、

一度これと決めたらそれしか頼まないんですよね。

麺は細くて、瑞々しいです。

水分量が多い感じ。

つるっつるです。

「蕎麦臭さ」がないと申しましょうか。

語弊があると困りますが。

食感はもちろんコシがあって、しゃきしゃきです。

なんか語弊がありそうだな。

のりは麺の細さに合わせて細いです。これがまた麺に合います。

蕎麦つゆは自然体ですかね。。

うまく伝わってないようなので、一言でいいます。

「マジやばうまい」

以上。


もうちょっと穂科伝説続きます。。

| 12:44 |
みなみ野最強伝説11
 (おだしんいちろう)

みなみ野が開発されてからしばらくして、郵便局が

どーんとできました。その名も「八王子南郵便局」。

大きく出たものです。完全に勇み足です。

まるで八王子の南一帯を牛耳っているかのように聞こえます。

みなみ野郵便局でいいじゃないの。

実は今まで「みなみ野郵便局」だと思ってました。。

大きく出るほど、存在は大きいのですが。

今までは、我が家の近くにある

地元感ばりばりの郵便局があったのですが、

地元感すぎました。

ATMはひとつ入り口にあるのみ。

入り口にあるので、ひとり並んだらもう

「すみません。。」と言って通らなければ中に入れません。

待合室は(と呼びたくなるスペース)4畳半程度。

昭和を感じさせます。

でもこのあたりに郵便局はここだけだったので、

やたら混むのです。

だから、みなみ野にできた郵便局は救世主の勢いがありました。

外観も堂々としたものですし、

この郵便局の存在はみなみ野の格を上げるのに貢献していますね。


次に蔦屋(TSUTAYA)。

蔦屋ができたときは

だよね、やっぱりだよね、と。

だってみなみ野に本屋さんがなかったものですから。

そこそこ大きめの蔦屋です。

CD・DVDレンタル販売と本・文房具などの販売。

重宝します。

レンタルも昔はVHSでしたが、

VHSとDVDが混在している時期を経て

いつの間にやらDVDオンリーに。

時代の移り変わりを感じます。

その内インターネットのみになる日がくるのでしょうか。

この蔦屋、三和の横道の向かいにあるのですが、

場所的にはぎりぎりです。

ちょっとついでに。。という位置ではないのです。

できればみなみ野交差点の一角、フレスポの位置にあれば

最強だったのですが。

きっとアイラブみなみ野が止まらなかったに違いありません。

しかし進出が遅かった。

裏手に甘んじてしまったのです。

勝手な推測ですが、売り上げが3倍は違ったでしょう。

ああなんか悔しくなってきた。

その位置に蔦屋があるみなみ野を想像してしまった。。

これぞ最強伝説だったのに。

悔しくも続く。

| 15:23 |
| 1/2PAGES | >>