絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< へび | main | ささやかなエコの実践 >>
こどものけんか
(おだしんいちろう)

例1
いもうと 「お父さんあのね、T(名前)、1回しかぶってないのに、
      お兄ちゃん2回ぶったあ」
お父さん心の叫び
     (1回ぶってんじゃん)
いもうと 「もう、お兄ちゃんに、おやすみ言わないもん」
あに   「別にいいし。なー、レックウザ、ピカチュウ(ぬいぐるみ)」

例2
いもうと 「やめてよっ。いいもん、お父さんに言っちゃうから」
     (わざわざ2段ベッドから降りてきて)
     「あのね、お兄ちゃんがかんちょーした」
お父さん心の叫び
     (ンナコトシルカー!)

寝る前はイライラするらしく、けんか度高し。
親もそれでぐったりしてしまいます。
そこで僕は悟りました。(さっき)
寝る前のけんかは「子どもの儀式」なのだ、と。
呪文みたいなものです。
寝る前にこれやっとかないと、寝ることができないのです。
だから内容なんて聞いちゃダメ。
どんなけんかだろうと関係ない。
ふにゃふにゃと返事をしておけばよろしい。
「うん、そうねー」
「そうかあ、痛かったなあ」
これが正解。
子どもはそれで納得して、いや、
儀式の1過程を終了したものとして認識するのです。
いやー、これは新しい理論ですね。
| 18:17 |