絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 新学期 | main | テレビの棚からぼた餅の炊飯器への話 >>
娘の詩
(文 おだしんいちろう)
小2の娘のクラスだよりを見たら、
天才的な詩が載っていました。
他ならぬ我が娘の詩であります。
素晴らしいのですが、素晴らしすぎて
どこか例えば先生がお手本で紹介した
詩の中にこんな詩があって、それを
ぱくりんちょしたのではと疑ってしまうほどです。
似たような詩があるのでしょうか。
なんと酷い親でしょう。
しかしそれほど素晴らしいのです。
前置きはそんなもんにして、
世界中の人々に味わってもらおうじゃないの。

  雲の形

 雲はどうして形がかわるかな
 いろんな形にかわってく
 なぜだかしらんが
 かわってく

 雲はどうして形がかわるかな
 しぜんに形がかわってく
 どうしてしぜんに
 かわるのか

 雲はどうして形がかわるかな
 どうぶつ ふわふわ うかんでる
 くも くも くも くも
 かわってく


はい、天才決定。
くも くも くも くも
ってとこが、天才。
小2っぽいかわいさと、すずしさ。
おーいだれか僕の肩をたたいて
「それだけ自分の子を褒めりゃ、もう満足だろう」
と言ってくれ。
| 16:18 |