絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< テレビの棚からぼた餅の炊飯器への話 | main | シリーズ わくわく図書館の2巻と3巻 >>
こっちゃんを実況します
(文 おだしんいちろう)
今食卓に、末っ子のこっちゃんとふたりです。
こばはおでかけ。上の2人は学校。

実験的に実況企画なるものを立てました。
単に誰かさんとの会話などをリアルタイムで書き連ねてみよう、
というものですが。
そこで第一弾は題して「こっちゃんとおるすばん」です。
では実験開始。

こっちゃん、目の前で遅い朝ご飯。
9時頃起きてきましたからね。
おにぎりほおばって
「おいしいな」とささやく。
なんかぶつぶつひとりごと。
一粒一粒食べてるので全然進みません。
つきあってたらきりがないので自主性に任せます。
プチ育児放棄とも言います。
海苔をちぎって食べてます。
親指ごと食べてます。
今度は牛乳。
コップを置くとこっちを見て、いい笑顔。
こっちが食卓でパソコンいじってるので
不審がってるのかな。
人差し指にご飯粒乗せて差し出し、
「あげゆ〜(あげる〜)」
「いーらないよっ。ちゃんと食べなさい」
おにぎり頬張りながら
「これ、ちんくん(しんくん)がちゅくった(つくった)の〜」
「ううん、おかあさん」
「じゃあこんどちんくんがつくってね〜」

いやー、5分も書いてないのですが、
追いつきませんね。
短い時間でも、相当いろんなことやってるんだなーと思った。
観察って大事ね。
いつもはすっとばして、観てないんだなーと実感したわ。

「あっちょーだ、いいこと考えたぞー。
あっちで寝るよ。ああいいなー。
とっとっとっとっ。ずーっとここでいなさい。
たちゅけてやるからねー」
身振り手振りのひとりごっこが続く。
早く食べてよ〜。
| 09:46 |