絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< シリーズ わくわく図書館の2巻と3巻 | main | バイクを見て思ってたこととは >>
たまちゃんを実況します
(文 おだしんいちろう)
子ども実況、第2弾。
今回はですね、謎の長女たまちゃんです。
謎が謎を呼ぶ宇宙系人種であります。
気付くと絵を描いていて、将来的に美大確定ですね。
また気付くと「ごっこ遊び」をしているのですが、
ぬいぐるみや人形にはこだわりません。
夢に出てきそうな恐怖のおみやげ「かまきり」や、
アンパンマン、ドキンちゃんなどのお菓子のオマケなど、
その辺にあるもの、なんでもいいみたい。
遊び終わったぬいぐるみを見ると、
ネックレス(のつもり)が首や頭にからまって苦しそうにしています。
なぜこうなるのかは、よくわかりません。
机の上にはマックのおもちゃなどの、
気付くと増えていくモノが並んでいるのですが、
「なんなの、コレ?」
と聞くと、
「応援団」
と答えが返ってきました。さすが謎少女です。
では、実況開始。

机で本を読んでる。
図書館から借りてきた本、その名も
「ドッグフードのひみつ」
なんとコアな本でしょう。
「絵描き歌教えてー」
僕がドラえもんの絵描き歌を描いてやります。
まねして歌いながら描きます。
うむ、かわいいドラえもんだ。
絵の上に、ドラくんと書いてあります。
もうひとつの上にはドラちゃんとあります。
りぼんついているのでドラミちゃんのことか?
今度はねこを描き始めた。ドラえもんつながりでしょうか。
たまちゃんは昔、鉛筆の持ち方がひどくて
中指と薬指の間に挟んでいたのですが、
それはさすがに直ったものの、まだ悪い。
全体に鉛筆をにぎってる感じなんです。
ひたすら絵をかいてるなあ。
これは実況っていうのでしょうか。
男の子、女の子(胴体がねこ)、ねこ。。
ふきだしがついていて、それぞれ
「そうか!」「かんたん」「とったわ!」
と書いてあります。ねこは、しっぽで風船をつかまえています。
お母さんが「はみがきは?」と言っても、
「わかったけど待って」と描き続けます。
紙から目を離しません。
「できた」
と言って見せてくれた絵は、ウインクした女の子。
ふきだしに「すごいわ!」とありました。
| 21:19 |