絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 習字 | main | リンゴ >>
ぼろぼろっと出てきてがーんみたいな
(文 こばようこ)

アクリル絵の具で日々絵を描いていますが

そう毎日、絵の具で描くわけでは無いです。

鉛筆でラフを描く日が続いたりもする。


すると、絵の具にどういう変化が訪れるのかというとですね。

特に私が「あーあ・・・」と思うことを述べたいと思います。


チューブのフタを開ける、その時に

「あーあ・・・」

となるのです。


特に冬だからよけいですが

フタの周辺についていた絵の具が

乾燥して固形化し、開けると「ぼろぼろ」っとなるのです。


ぼんやり(まあ、たいていぼんやり)していると

パレットの上にぼろぼろ〜とこぼれ

その塊が、出したばかりの絵の具に乗っかったりしていて

これは絵を描くうえで非常に邪魔です。


使用後のフタの周りを綺麗にぬぐうとかしたらって言われたって

そりゃ、無理。

解決策として、机にちいさなゴミ箱を用意しておき

その上でフタを開ける、というのが

私的にストレスの無い方法ですが

上記に書いたように

たいていぼんやりしているので

成功率は20%くらい。


使いにくいなぁと思いながら

描いているのでした。

他の人は、どうしてるんだろーなー。


2011_02_08

| 21:19 |