絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 連載・おわりとはじまりの件 | main | 絶叫マシンの話 >>
我が人生、ドトール。1
 (文 おだしんいちろう)

笹塚駅を出て10歩歩いたところに、ドトールがあります。

学校へは笹塚からバスで行くのですが、

その前に必ずドトールに寄ります。

それはそれは小さなドトールで、10人も入ったら満席です。

僕はよく立ってコーヒーを飲んでいました。

そのドトールには10年くらい通ったので、いわば常連でした。

店員の誰よりも長いですからね。

注文するのはブレンド。サイズはS。

今はMとかLとかありますが、Lなんかでかすぎて、

誰が頼むんじゃ。見たことないぞ。

昔はエスプレッソ頼んでたんですけどねー

量少なすぎでしょ。そういうモンとは思いますが。

しかし量や味にばらつきがあったのです。。

味に関してはブレンドも同じなのですが。

店や、同じ店でも日によって味が違う。

「おっ、今日はベストでしょう」とか

「絶対機械壊れてるわ」(ドトールさん、失礼!)

とか、コーヒー屋としてはあってはならないと思うのですが、

結構あります。でもでも、

僕の中では、それはアリなのですが。

なんかドリップでもないのに味が違うって、

人間っぽいと思うのです。(馬鹿にしてません)

僕にとって、ドトールは語るところがたくさんあるのです。

どこか駅についたら、まずドトール探しますからね。

すると「必ず」黄色い看板があるのがすごいところ。

さあ続く。

| 18:47 |