絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< あつい〜 | main | この夏 >>
「すごい」の恐怖
 (おだしんいちろう)

「すごい」という言葉の使われ方は、ハンパないと思うのです。

おそらく普通の会話で10.3秒に1回は出てきます。

「すごい」の氾濫です。

もう、すごいは、全然すごくありません。

「えっとー」くらいの価値しかありません。

僕だって流行ってる言葉を年甲斐もなく使うし、

(ハンパないって言ってるもんね)

凡庸な表現も多いと思いますが、それはそれ。


気になりだすと気になるもので、

テレビでタレントやアナウンサーが

すごいすごいって連発してると「すごいって言うなよー」と

思ってしまうのです。

特にアナウンサー。

プロがすごいと言ってはダメです。

楽してはダメです。

「すごい」は禁止にして下さい。

別の言葉に置きかえてください。

するとなにやら新しい表現が出てくるでしょう。


それにしても恐るべき「すごい」ですね。

僕は封印しているつもりなのですが、

気を抜くと「すごい」と言ってしまいます。

すると「ああっ、負けたっ」と思うのです。

こんな強敵語はいませんよ。

こんな僕の格闘は、かみさんですら知らなかったことでしょう。

人知れず言葉と闘う僕。


うっかりこのブログをみてしまったアナタ。

残念ですが、今後

「すごい」

が気になる一生を送ることになります。

でも僕を恨まないでネ。

次回は「逆に」を検証します。

楽しそうですね。

| 23:17 |