絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 調べればわかるけども | main | どう言ったらよいのかちょっと悩んだ話 >>
「モノ」掃討作戦コードネーム53(ゴミ)その5
 (おだしんいちろう)

物置から全てのモノを出しても、

予想通りたいしたものはありませんでした。

全部消去してもなにひとつ困ることはないと思いますが、

昔、僕の祖父が板金屋をやっていた時の道具類もあり

それまで捨てるのはマズイ。

慎重に見極めながらの作業です。

ぎりぎりまで攻めます。


すっからかんになった物置を、ついに運び出します。

上の物置はなんとか一人で持てました。

駐車場から出すと、今まで隠れていた壁が見えました。

ここが気分のいいところですね。

もうひとつの物置はこばに手伝ってもらいました。

「よいしょよいしょ」

と運びます。

全貌が明らかになりました。

壁が見えるって、いいですねー。

気分爽快じゃー。

掃除をしてみると、駐車場といえど美しい……。

引きずり出したモノは駐車場横の棚に収めるのですが、

整理整頓には気をつかいます。

棚板の微調整をし、使う頻度によってモノの場所を考えます。


出たゴミは一番大きな袋で30以上はあったと思います。

引っ越しみたいです。

一番処理に困ったのはスプレー缶。

30個くらいあったのですが、

これ全部出し切ってから捨てなきゃならないのかな……。

市役所に電話して

「ちょっと多いんですよね、なんとかそのままお願いできませんか」

と聞いたところ、5,6本ならいいとのことだったので、

10本くらいそのまま出しました。

(袋に注意書きしてね)


さて物置自体もゴミです。

どう処分するか。

粗大ゴミの処分場か、小さくして捨てるか、

学校に持って行って使うか。

すると近所のおじさんがやってきて

持って行ってくれましたとさ。

助かった〜。


その後、勢いを得た僕は

1階の台所(同居の父母の)に着手します。

前世紀の食品が次から次へと現れて楽しいのですが、

もうこの辺にしときます。

今回の掃討大作戦で家が軽くなったわ。

ミッション終了。

| 16:19 |