絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 今日、揃わないといまいちなものを発見した | main | 「こいのぼり」というお話 >>
みなみ野最強伝説13
 (おだしんいちろう)

蕎麦屋「穂科」。

ざるしか頼まない僕ですが、

一度だけうどんを食べたことがあります。

これがまたおいしいのです。

つるっつるの。。。

他に表現ないんですかね。

うどんの粉っぽさを感じないんですね。

透明感のある麺で、

つるつる勝負したら世界ランカーになれそうです。


あと特筆すべきはミニ天丼。

ミニなところがお客さん思いですね。

蕎麦食べて普通の天丼は入りませんよ、普通は。

そこで「ミニ」天丼。丁度いいです。

これまた天ぷらひとつひとつが丁寧です。

僕のおばあちゃんが必ずこれでした。

蕎麦は食べないのでこれだけ。

おばあちゃんサイズでもあるのです。

そういえばおばあちゃんもこれしか頼まない。

あと釜飯が好きだったので、

おばあちゃんとは釜飯屋ばかり行ってた。

もしや僕の「一度決めたらこれしか頼まない」は、

おばあちゃんゆずりなのか?

この仮説は後日検証しよう。


帰るとき、子どもにおかしをくれたりします。

ちょっとしたことですが、

あったかくて好きです。


今度はたぶん病院について。

ドキドキして続く。

| 17:28 |