絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 工場見学に行けなかったって話 | main | 「うみの どうぶつとしょかんせん」の話 >>
みなみ野最強伝説15
 (おだしんいちろう)

末っ子こっちゃんに水いぼらしきものができました。

みなみ野クリニックセンターにある皮膚科は

恐ろしいほど混んでいるので

穴場の皮膚科へ。。


姉のたまちゃんも以前水いぼができました。

その時は南大沢という町の皮膚科へ行ったのですが、

そこも混んでいました。

どうしてこう皮膚科は混むかな〜。

ようやく診察。その場で

「じゃあ取っちゃいましょうね」

と気楽におっしゃるお医者様。

たまちゃん、何が起こるか知りません。

僕だって知りませんでしたが。

ピンセット用意、間髪入れずぴっぴっと。

熟語で言うなら阿鼻叫喚。


今回のこっちゃんもアレやるのかなあ。

比較的空いているのですぐに呼ばれました。

知らないということは幸せで、こっちゃん平然。

「水いぼですね〜。取っちゃいますか」

で、でた〜。しかし続きが。

「麻酔してからですので、2時間後また来て頂きますが、

大丈夫ですか?」

何? 麻酔すんのか。幸せな時代ですこと。

シールを切って、患部に貼る。

たぶん20カ所くらいです。

2時間後にまた病院へ。

ピンセット用意。

不穏な空気にも揺るがないこっちゃん。

(麻酔っていっても、少しは痛いだろ)

むしろ僕がどきどきです。

ぴっ、ぴっ。

こっちゃん微動だにせず。

こっちゃん、なにかの達人ですか?

……後でこっちゃんに聞いたら

「少し痛いとこもあった」

とのこと。それをぴくりともせず。

強いぞこっちゃん!


よく考えたらこの病院はみなみ野ではなかった。。

| 22:23 |