絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 一撃必殺の線について | main | 「ふたつの名前で愛された犬」の話 >>
みなみ野最強伝説17
 (おだしんいちろう)

みなみ野のケーキ屋さん第2弾です。

ペール・ノエルのほぼ真向かいにヴェールの丘があります。

前回書きましたが、先にあったのはヴェールの丘なのです。

ペール・ノエルに喧嘩を売られ、

(と思っているのは僕だけか?)

「その喧嘩、買った〜ァ!」

と、ヴェールの丘は立ち上がったのです。

(僕の思い込み)

地元密着でほのぼのやってたのに。

で、即店舗を建て替えました。

なんという機動力。

余計なお世話ですが、よくそんなすぐ資金用意できたな。

と実際思うほど行動が早かったのです。


できたのは。。

ドイツのメルヘン街道的な。

ペール・ノエルにしても

ヴェールの丘にしても

どっちみちヨーロッパ風なのですね。

ベクトルが同じなのです。

ステキですわよ。僕、こういうのヨワイんです。

つくってるわ〜って思っても、ヨワイんです。

ディズニーランドです。

だって実際店の中、使ってもいない

ちっちゃいフライパンがカウンターの後ろに飾ってありますから。

やっぱりケーキ屋さんは1に店舗、2に店舗、

3,4がケーキの見た目で5に味ですな。

主観なので反論はヤメテ下さい!

ではペール・ノエルとの差別化はどこかと言うと、

カフェがついていることでしょう。

優しい日差しがテーブルに降り立ちます。

昼下がりの優雅なひととき。。


そうだ、ケーキはですね、おいしいです。

また行きます。


最後に、どっちの店が勝ちかというと。。

いろいろ互角だと思うのです。

ただ、一点ヴェールの丘に不利なことが。

それは場所。

交差点から車で入るとまずペール・ノエルがあるのです。

ヴェールの丘に行くにはさらに前進して奥の交差点で

Uターンしなければならない。

だから我が家の場合、ペール・ノエルに行くことが多いです。

こんな勝手なことを書いてしまったので、

お詫びに今度ケーキ屋さんに行くことにします。

まずは不利なことを書いてしまったヴェールの丘に。

なに食べよっかな〜。

| 17:31 |