絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 「カイジ」を読ませてみた | main | 胃がん検診 >>
最強図書室を目指せ17
 (おだしんいちろう)

図書ボランティアの仕事は毎週1回ありまして、

今日は僕を含め4人の参加でした。

これは今学期としては多い方なのです。

1学期は10人くらいもありましたが、

波がありますね。

今日もラベル貼りだったのですが、

前から気になって仕方なかった、難敵である

4類の「42」を撃滅致しました。

これによりラベル貼りのゴールが見えてきました。

フルマラソンでいうと35キロ地点でしょうか。

ほとんど動きのない本のラベルはまだ手つかずなのですが、

動かないだけに後回しです。


それより、本の修復作業に進みたい。

修復のため、カウンターの中に山積みになっているのです。

修復し、晴れて図書室内へ戻ることができれば、

「新刊本」とほぼ同じ価値があると思うのです。


もう一つ進めていることがあります。

本棚に奥行きがあるために、本が奥まってしまい

見づらく取り出しにくいのです。

特に本棚の上の方と、1番下。

これを解消するために「空のティッシュ箱」を使いました。

プリントなどで呼びかけて、ティッシュ箱を集めてもらいます。

空箱4つをガムテープでつなげ、本棚の幅に合わせ、

本棚の奥に入れます。

本棚や本の大きさによって

ティッシュ箱を縦にしたり横にしたりして、調整します。

これにより、本が全面に出てきて見やすくなりました。

いっぺんにはティッシュ箱が集まらないので、

地道に進めています。

これ、本当に地味な作業なので、

みんな気付いてないんじゃないかな。

気付かないうちに、本が見やすく取りやすくなっていると。

ただ、子どもたちのパワーを見誤っていました。

場所によっては本が無理矢理押し込まれていて、

つぶされていました。そうか、ここは自宅ではないのだ。。

今後、固い2リットルのペットボトルを使おうかと考えています。


そろそろブログが現在に追いついてきました。

何か進展があったら、続けま〜す。

| 20:53 |