絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 「あなあきくつした」の話 | main | 投票・ありがとうございました! >>
洗濯物の干し方について3

(おだしんいちろう)

今回はハンガーについてです。

うちのハンガーは3種類あります。

以前はいろんな色や形があったのですが、

それが嫌で、統一しました。

IKEAのやつです。

シンプルで色や形がよく、安い。

木でできていて、てっぺんが鉄。

もう7〜8年近く経ってると思うのですが、

文句言ったことがないです。

肩が細身のものと、しっかりゆったり厚めのもの、

これで2種類。

細身のハンガーは、大人のTシャツやワイシャツ、

パジャマなどに使います。

他にもパジャマのズボンなどにも使います。

ハンガーにズボンというのは合理的で、

パッと掛けられて、外すときもワンタッチです。

物干しだと2〜4カ所とめなければならないし、

外すときも面倒です。

ジーンズ様などはハンガーに掛けられませんが、

特に腰の部分がゴムになってるものは、掛けやすいです。

肩が厚めのものは、セーターやスーツなど、

肩にあとがついてしまったらイヤなものに使います。

この細身、厚めの2種類がしっかり用意されているのがイイ。

一度使ってみてよかったので、

その後IKEAに行ったとき買い足しました。

今でも少し足りないぎみなのですが、

買い足すというより服の整理をしてハンガーを確保しています。

一石二鳥ですね。

最後にもう1種類。

やはりIKEA、子供用のハンガーです。

これはプラスチック製で、色が透明っぽい

ピンク、オレンジ、青、黄緑。

なんとなくIKEAカラーです。

肩が特徴的で、かなり丸いのです。

だから掛けるとき、するっと入るので

首回りが伸びません。首が狭い服でもなんなく入ります。

これまた万能で、子どもの服、ズボン、パジャマ、

掛けられるものは全部掛けます。

乾いて外すときも3つ4つはまとめてするっと外せます。

一瞬です。

できるだけハンガーに掛けることで時間短縮になるのです。

ちなみに今の時期は花粉が飛んでてで外に干せないので、

全部室内干しです。

ちょっと前までは寒くて乾かないので

やっぱり室内干し。冬は室内乾燥を防ぐメリットがあります。

だから夜に干して、寝室に掛けておく。これ、オススメ。

で、花粉の時期が終わると梅雨。

やっぱり室内干しです。

これは除湿器を使います。

こう考えると、外に干せる時期って夏と秋だけだ〜。

ベランダをドライエリアみたいにする構想もあったのですが、

予算のこともありますから…。

試行錯誤の日々が続くのでした。

これは完結かな? 続く可能性はありです。では。

| 16:17 |