絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 金魚、それは愛。その4 | main | 金魚、それは愛。その6 >>
金魚、それは愛。その5

(おだしんいちろう)

店員さんの

「んーでも5匹が3匹になればまあちょうどいいか。。。」

という独り言。

こともあろうに、金魚屋の店員さんが

金魚が死ぬことを最初から想定していたのです。

まっ、こっちがど素人丸出しで質問ばかりしてるのだから、

育たんだろうと思ったのでしょうが。

でもその一言に僕は

(えっ、金魚そんな難しいの?)

と思ったのを覚えています。

結果店員さんの言うとおりだったのですが、

それはまた後ほど。

なにせまだ水槽すら買ってない段階の話ですからね。

それにしても水槽ひとつで悩みました。

この水槽は少々小ぶりで、直方体の形もステキ。

部屋の大きさからいって、これ以上はなんか負担でしょう。

でも店員さんは5匹は難しそうなことを言う。

(実際は4匹を飼うことになるのだが)

そこで大胆? にも他の女性の店員さんにも聞いてみました。

「この水槽で金魚5匹くらいは難しいですか?」

即答で

「5匹はちょっと多いですね−、大きくなりますし……

大きくさせなければ……でも難しいですねー」

なんだやっぱり同じ答えか。

ここまで聞いても、まだ僕の頭の中には、

(初心者だし控えめにこの小ぶりの水槽でいいんじゃないの?)

というのがどこかにありました。

頑固ですね−。ど素人のくせに、店員さんに聞いてるくせに、

(いや、でも)

って思ってるんですから。

馬鹿につける薬はありませんな。

今思えば、初心者だからこそ大きな水槽がよいのですが。

結論は。。

パンパカパーン。

その水槽に決定したのでした。

なんだ店員さんの話、ちゃんと聞いてたのか?

結局その水槽がかわいらしくて気に入ってたんだね、僕。

ああもう悩みすぎた。

とにかくこれでいってみようと。

頭で考えてもなんにも入ってないんだから、わかるわけないと。

やってみなきゃわからんと。

よかった、すっきりしたぞ。

で、あと何がいるんだ?

ちなみに一緒に来ていたみんなは、

そろそろ飽きだしてる。

でも続く。

| 18:37 |