絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 「はじめての手づくり科学あそび(1)  ゴム・ばね・おもりであそぼ」の話 | main | 金魚、それは愛。その8 >>
金魚、それは愛。その7

(おだしんいちろう)

金魚と金魚グッズをゲットしたのが去年の7月14日。

10年日記にちゃんと記されています。

吉田園芸から車で帰るのですが、

車に乗り込む前に末っ子こっちゃんが

金魚すくいでゲットした金魚(和金)を

ぐるぐると振り回していたと記憶しています。

4匹の金魚さんたちは、

人生いや魚生初の360°コースターを体験していたのですね。

家に帰るとセッティングです。

水槽はリビングのチェストの上。

滑り止めを敷き、水槽を置く。

水道水をバケツでダーッと入れる。

濾過装置をちょこんと水槽の端に掛ける。

水質調整剤で塩素を抜く。

濾過装置の電源オンっ。

ん? これだけか。

一応水合わせのことは店員さんから聞いていたので

(とはいえ、夏なので水道水もそんな低温ではなく

あまり問題にはならないと思うけど。。)

金魚さんをビニール袋ごと水槽に入れる。

30分だか1時間だか経てば、

ビニール袋の水と水槽の水の温度が合う。

それから晴れて金魚を水槽に放流。
ここまでにいくつか間違いがあると思うのですが、
その時はわかっていません。

元気に泳いでる姿に感激っ。

へへへっ。金魚だ。

なんて幸せ感がありました。

子どもたちも最初だけは多少の興味があり、

みんなで名前をつけたりしました。

興味は一瞬のことだったのですが。

わかる気はします。

僕だって金魚に愛を持ったのは

人生で初めてのことなのですから。

で、名前発表。

ホワイト→白いから。

並→ふつうだから。

たい→たい(鯛)っぽかったから。

でか→でかかったから。

なんてストレートでステキな名前でしょう。

ちなみに僕は命名にノータッチでした。

なんか名前付けるの恥ずかしかった。。

だから「ホワイトっ、餌食べなっ」

なんてとても言えなかった。

。。とにかく7月14日時点では元気に泳いでました。

つづく。。。。。。

| 16:08 |