絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 不精者ほどアイデアが湧くのでは | main | パン焼き機全自動なのに失敗するの巻 >>
金魚、それは愛。その13

(おだしんいちろう)

パイロットフィッシュのめだかは、恐る恐るも順調に生きました。

10日くらいして1匹が下の方で動かなくなり、死んだ。

水は悪いことはなかったと思うけど、ダメなときはダメなのかな。

また何日かすると、1匹のめだかの上と下のひれがない!

えーっ、そんなことあるの?

なにごと。。。

病気っぽくて鷹の爪を入れてみたりするが、めだかの安定感がない。

水槽に入れて20日くらいして、もう1匹死ぬ。

が、水が悪いと言うより環境の変化でという気もします。

残りの3匹は問題無く育つ。

そしてまた数日経ったころ、ついに金魚投入を決意。

もう待ってらんないっ。

水もいいし、めだかも元気だし。

園芸屋さん(草木の他に金魚や熱帯魚や鯉などたくさんいて楽しい)

にレッツゴー。

まるっこい、ザ・金魚らしきのがいいなあと思っていたら、

ショートテール琉金という、かわいらしい金魚がいた。

尻尾が短い琉金なのですね。

どんな金魚が元気で、どんな金魚が元気がないか、病気なのか。

ここが肝要です。

じっくりと水槽を眺め、見極めます。

その結果、体が白、ひれが赤、口がちょっと赤くなってるやつと

上半分赤、下が白。

の2匹をゲットだぜ。

簡単にいうと、命名が

「しろちゃん」と「べにぞう」だということです。

つづく。。

| 23:25 |