絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< こども あれっ? これっ? 10月号 | main | うたう♪たべる!あそぶ!12ヶ月の行事のえほんの事 >>
受験生がいる

(こばようこ)

今、えいたの高校受験まっただ中です。

私も、初・受験生の親なので

今年度始まってから

「さ、いつから受験ぽくなっていくのかしら」

と、思っていましたが

いつからっていうか、じわーんとその時期は来るのですね。

どういう応援をしてあげたらいいのか

この数ヶ月、悩みました。

まず、本人に受験生の自覚が足りてない。

夏、高校説明会・見学に行きなさいと

口が酸っぱくなるほど言ったけれど

部活に明け暮れ、気が付いたら2学期はじまってしまった。

たとえば、12月には私立高校を決めてかからなければならないのに

説明会行った高校は11月半ばに入って予定の半分以下・・

というか

「もう面倒くさいから行かなくていい?」と言う。

いや、受けるのはキミ。通うのキミね。

昔、喫煙者だった旦那に

「タバコ、やめて。子供にも悪いんだよ」

と、さんざん嫌み含めて言いまくっていた頃を思い出しました。

いっくら言っても止めなかったのに

あるとき、ふとした事で自分で止めようと思ったらしく

吸わなくなりました。

(「禁煙のこと」のところに詳細書いてあります)

やっぱり本人のことは、本人じゃないと

本気でやれません。

どんな成績で、どんな高校へいこうが

(まぁここまで来て就職は無いと思いますが)

そのときの自分の力で勝ち取ったものが本物です。

私がわーわー言っても

えいたには全然響かないし

それで成績がどうなるワケでもないし。

で、結局。私の出来る事は

「帰ってきたら手洗いうがい!」とコールする事と

ご飯を毎日、普通に作る事なのかなーと悟りました。

ちなみに報酬制もダメなの。

何点とったらお小遣いいくらってやつ。

小遣いではモチベーション上がらないらしい。

家計助かるからよかったけど。

2015_1117
受験生なので帰宅が早い。
小2のこっちゃん達に
Wiiの接続方法を聞かれているえいた。
身長差がすごいあった。

| 15:56 |