絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

<< 不覚・・・ | main | ほっぺ20号 発売です! >>
子どもの頃の日記10
(ぶん おだしんいちろう)
ついに10回目であります。
まだ続いちゃうんですね、これが。
残された日記が10冊くらいあります。
これを全部読まないと、気が済みません。
自分の日記を読み返すのは、考えてみれば初めて。
約30年ぶりに、当時の自分に出会っています。

小3,夏休み。


 8月9日
  きょうとてもたのしいことがあった。
 えりちゃんがないているまに、
 ぼくと、るりちゃんと、けんくんで
 ごはんのとき、えりちゃんがのむ
 おちゃのなかに、ソースを、いれた。
 とてもたのしかった
 えりちゃんがのむと、
 にがいなーとゆうかおをしていた。


このエピソードは今でもよく覚えています。
小3の夏休みだったんだな。
記憶では醤油だったのですが、本当はソースだったのか。
それにしてもひどい話。
泣かしといて、
「えりちゃん、ごめんね。こっちおいで」
と食卓に呼び、
「ほらお茶だよ。ほんとごめんね」
なんて言ってソース入りお茶ですよ。
しかも「とてもたのしかった」って。。。
その時のお茶は「麦茶」と記憶しています。

| 10:08 |