絵本作家こばようこ・おだしんいちろうのブログ。いちおう毎週火曜日更新してます。

みなみ野最強伝説10

(おだしんいちろう)

「たからやフレサ」の補足です。

これは書いておかねばなるまい。

「ハートキッチン」なるものが設置されたのです。

店にない商品をリクエストでき、

「ハートキッチン」コーナーで販売してくれるのです。

で1ヶ月お試し販売をし、10個売れたら販売継続という。。

な、なんと楽しげな。

これ、欲しいものがあったら気軽に頼めるし、

それを買いにいくついでに買い物もするので、

店としてもいいですよね。

アクロスモールへ行ったときには

ついたからやフレサへ寄ってみたくなります。

僕もリクエストしちゃおっかな。


それと1階に、手芸センタードリームがありました。

僕にとって、これ以上興味のない店も珍しいくらいなのですが、

前回のブログをこばが読んで、「忘れないでっ」と

言われたので一応書いておきます。

こばにとって手芸屋さんは聖地なのです。


規模としては中程度のショッピングモール、アクロスモール。

しかし今気がついたのですが、上の階へ行くのに

階段、エスカレーター、エレベーター、なんでもござれです。

そんなにスペース使っちゃってよいのでしょうか。

とにかく2階へ。

メガネ屋や美容室、イタリアン・中華・和食などの店。

くまざわ書店が入ったのはよかった。でも小さい。

もっと勢力拡大して下さい。

それからノジマ電気。

これがみなみ野にとって小さい出来事ではありません。

大型家電店は、ここがなければはるか彼方まで

行かなければなりません。

それがみなみ野内にある。

ワンフロアで、決して巨大家電店ではありません。

でも家電店があるのとないのとでは全然違います。

例えばプリンタのインクがなくなったときも

「ちょっと買ってくるわ」と言うことができます。


さらに3階はゲームセンター。

いやー、時代は変わったものです。

僕が高校の頃は学校帰り、毎日のように

京王ストア内の小さなゲーセンに行ったものですが、

ゲーセンの進化っぷりと言ったらありません。

アミューズメントパークですな。

僕が今高校生だったら、ここに毎日通ったことでしょう。

しかし今「どんな感じかな」と店に入っても

他人行儀になったゲーセンの姿にただ呆然と立ち尽くすのみです。

(うまいこと言ってみました)


アクロスモールはもうここまでにして、

次回からは別の場所をご紹介。

これだけ言うことがあるっていうのは、

いかに我が家がみなみ野に依存しているか

ということですね。

| 22:10 |
みなみ野最強伝説9
 (おだしんいちろう)

みなみ野でノってきている「アクロスモール」。

店舗をみてみましょう。

最近オープンしたスーパー「たからやフレサ」は、

みなみ野のドン、三和(大型スーパー)に勝負を挑む

チャレンジャーであります。

でもアクロスモールの「ノリ」を後押ししているのは事実。


「らーめん西海」は大好きなラーメン屋。

人もよく入っていますが、僕のまわりでは

あまり話題に登らないんだよなー。

絶対おいしいのに。

炭焼き飛魚(あご)、アオサ、ゆず胡椒など、

長崎の素材にこだわる店なのです。ビワ茶もおいしいです。

長崎といえばチャンポンなので、多摩センターの地で

隠れキリシタンのように始まったそうです。

心意気を感じるじゃないの。

炙りチャーシュー、うまいです。

ご来店の際は、替え玉しなくても「替え玉のたれ」を

だーっとかけて下さいね。これ、大事なポイント。

勝手に宣伝しちゃいました。

ああ、なんか食べたくなってきた!


「QBハウス」は1000円カットの店。

以前はよく行っていたのですが、

坊主にするようになってからは行っていません。。

最近はバリカンで3ミリ。

「コルモピア」「マツキヨ」「ダイソー」もあって、

かゆいところに手が届きます。

ダイソーはこの3倍の大きさがあってもいいのにな。


他にもたくさん店が入っています。

アクロスモール入り口の店が閉店したので

次に入る店に密かに期待している今日この頃。

さて次回は上の階へレッツゴー!

| 18:07 |
みなみ野最強伝説8
 (おだしんいちろう)

お次は「アクロスモール」

みなみ野中心部に君臨する4武将のひとり。

店舗は3階まであります。

床が絨毯で、ふかふかして思わず顔もほころんだものですが,

できた当初はお客さんもまばら。

(だめだこれは、つぶれるか過疎化するかも。。)

と思っていました。

みなみ野はドン三和が牛耳ってましたから。

三和からわざわざアクロスモールへ行くかな? と。

店舗の内容が全く違うにもかかわらずそう感じたのは、

まだみなみ野自体が発展途上にあって

人々の活性化感がまだまだだったからです。


しかし今は善戦しているのです。

活性化してる感もあります。

ドン三和ほどではないにしろ。

この頑張りはなぜなのか適当に考えてみると、

単純にみなみ野が活性化したことが第一(笑)

身もふたもない意見ですが。。

あと、人々がアクロスモールに慣れてきたこと。

身もふたも。。

これではなんだか勝手に人が入ってきてラッキー、

といっているようですが、もちろんそんなことはありません。

例えば年に何回かある「アクロスモールくじ」。

アクロスモールで何か買うとくじが貰えます。

くじを集めて商品ゲットだぜ!

こんなモンだれがやるんだって、うちはきっちりやりますよ。

さあ当てるぞ〜っとアクロスモールへ行くと、

なんと意外な大行列。最後尾が見えません。

これぞ大盛況、お祭り騒ぎになってます。

「どれがいい? テレビ? 掃除機はいらないから

当たったらすぐに売りに行くか。パン焼き機はデザインがな〜」

並んでるうちからダメだししたりして。

ダメなのは当たった気になっている僕です。

さあ出番だ、回せ回せ!

子どもたちが交代で回します。

回せば回すほどハズレ玉(確か白)がコロコロと。

いつも20回くらいは回すのですが、全ハズレ。

ハズレは、アメ玉や五円チョコです。

五円チョコをジャラジャラしながら

「なんで当たんねーんだー」なんて言いながら買い物をします。

このイベントによってなんとなくアクロスモールが

人々の心の中にすっと入っていくんですねー。

はい、次回は店舗です。

| 11:52 |
みなみ野最強伝説7
 (おだしんいちろう)

みなみ野のフレスポ2階。

携帯ショップコレクションのように

ドコモ、ソフトバンク、auと並んでいます。

並ぶとなんだか気分がいいです。なぜでしょう。

隣にはFANNYという美容室。

子ども3人ともここで切ります。

その他、塾や音楽教室。

さらっと流していますが、塾は近い将来子どもたちが

お世話になるかも。。

前は2階にセリアという100円ショップがあって

重宝したのですが、あえなく敗退。残念。

さてごちゃごちゃと書きましたが、

メインはその建物の隣にある

石窯パン工房サンメリーでした。

店構えがいかに大事かを教えてくれます。

もう食べる前から、おいしいの確定ですよ。

うっかりおいしくなくたって、

「おいしいっ」と言いますよ、僕は。

実際、スペシャルな何かがあるわけではないのですが、

おいしいものはおいしいのだ。

カレーパンは何種類かあって、必ず買います。

テラス席では買ったパンを食べることができます。

無料コーヒーを持ってきて幸せ気分。

なんていうんですかねー、

地域に密着した感じというか、

みなみ野という町に「すっ」と入ってきましたね。

気付けばみなみ野のちょっとした顔ですよ。

さてさてまだまだ続いちゃいます、みなみ野探訪。

| 17:43 |
みなみ野最強伝説6
 (おだしんいちろう)

みなみ野中心部は、みなみ野交差点を中心に4地区に分かれています。

三和地区、アクロスモール地区、ホーマック地区、

フレスポ地区であります。

(地区というのはかっこいい感じだったので僕が勝手につけた)

三和地区、ホーマック地区に関しては一応話しました。

今回はフレスポ地区です。

三和ができた後、道路を挟んだ向かいに

ショッピングセンターができると聞き、

「おおっ、みなみ野キテルよっ」

と思ったものです。がしかしできてみると。。。

なんかいまいち。

安くあげやがったな、と。階段が特にダメだな。

階段というのが建物に及ぼす影響力を、初めて感じた瞬間でした。

この階段はすぐに錆びて、場末感を漂わせるに違いない。

実際この階段に関してはその通りでありました。

階段登りながら、わくわくさせて欲しいものです。

この階段、ごっそりと取り替えられそうなので、すぐにでも

幸せ感漂う階段にしてください。

大体「フレスポ」って、誰が覚えるのよ。誰が使うのよ。

ハード面では文句の嵐です。

しかしソフト面はいいと思うのです。

一階からいくと、まずローソン。

ローソンのいいところは、ローソンカードがかわいいところ。

どうやって使ったらいいのかわからないので使ってませんが、

財布には入っています。。

あと隠れアイテムのように郵便ポストがあります。密かに使えます。

それからモスバーガー。年齢のせいか、ほとんど行ってませんが。

もう20年早くできていて欲しかった。

その隣にはサイゼリア。

若かりし頃、毎日のように行ったものです。

よく行っていたのは、京王八王子駅近くにあったサイゼリア。

今は別の店になってしまいました。諸行無常。

その隣が靴屋さんでした。

たまに行っていたのですが、この店は閉店。

閉店セールの時は例に違わず混雑してたけど、

どこかの店みたいにいつも閉店セールにしてたら

よさそうなものですが、ダメなのかな。

次回はフレスポの2階へ。

このシリーズ、永遠に続いちゃいます。どうしよう。

これでも駆け足なんですが。。

| 21:23 |
みなみ野最強伝説5

(おだしんいちろう)

「みなみ野のドン、三和(SANWA)」の二階は

最近ブックオフになりました。

片倉や堀之内のブックオフにはたまに本を売りに行っていましたが、

わざわざブックオフを目指して行かなければならなかった。

それが「みなみ野のドン三和」の、買い物ついでに

行けるようになったのはでかい。

しかも本だけではなく、ブランド品、スポーツ用品、

赤ちゃん用品、おもちゃ、トレーディングカード、

大人服、子供服、贈答品、と、なんでもオッケーな勢い。

こんな広かったっけ、というほど広く感じる

「みなみ野のドン三和」の2階。

うねうねと歩くだけでも楽しい。

ダイエットにもなります。


売りに行ってみると、予想はしていたものの、大混雑。

ブックオフから半径1キロ圏に住む人々は

一人残らず売りに行っているのではと思わせます。

うちは、服を大きな紙袋4箱持って行きました。

二束三文というイメージがあったのですが、

結構な値段でなんだかお得な気分。

しかしそのお金をその場で使ってしまうというのが

ブックオフの恐ろしいところです。

どちらかというとマイナスになるという。。。


トレーディングカードは前にえいたとポケモンカードを

やっていたくらいですが、カードがガラスケースに入って

飾ってあるので、見ているだけで楽しい。

絵柄もおもしろいのですが、どれくらいのプレミアが

ついているのか見るのが楽しい。


このブックオフの存在によって、

みなみ野は無敵と化しつつあります。

次回は「みなみ野のドン三和」の隣の建物

「フレスポ」に迫りたいと思います。

| 13:42 |
みなみ野最強伝説4
 (おだしんいちろう)

「ホーマック」は、日用品などを売るいわゆるホームセンターですが、

三和の二階にあったときは少々控えめなホームセンターでした。

それはそれで充実していて便利だったのですが、

近頃みなみ野駅のほぼ横に大移転しました。

みなみ野を牛耳っているのは我々だ、はっはっはっ。

と言いたげなくらい巨大な敷地面積です。

ぱっと見、宮殿くらいの勢いはあります。

なおかつ僕の大好きな「すき家」も併設。

(僕はほとんど「牛皿定食2倍、ごはん大盛り」しか食べませんが)

なおかつ「丸亀製麺」もすき家の隣にできたのです。

(ホーマックの敷地にでっかく「釜揚げうどん」の看板ができて、

最初はなんじゃこりゃーと思ってたけど……)

正にピンポイント。飛ぶ鳥を落とす勢いの2軒が並んでできるとは、

みなみ野の奇跡です。

その2軒の前で地元のイベント、

ちょっとした出し物や演奏会なんかもあり、みなみ野はノってますよ。


ホーマック自体はホームセンターです。以上。

……大きいし、充実しています。

携帯電話が活躍しますよね、

「いまどこー」

「水筒のとこ」

「水筒じゃわからんわ」

とこんな会話になります。

おすすめはオルファカッターの98円のやつ。

98円でこの完成度はさすがオルファ。芸術です。

駐車場も広いのですが、まだサービス中なのか

「1時間いくら」の機械(Timesだったか)を動かしていない。

おそらく不法駐車が多く特に土日は満杯で、事故でも起こりそう。

早く機械を動かして下さい。

次回は三和二階にできたブックオフの話。

| 12:35 |
みなみ野最強伝説3
 (おだしんいちろう)

三和(サンワ)の続きです。

野菜は八王子の農家からも仕入れていて、

新鮮かつ安心なイメージで、なんとなくですが

地元に優しい感が漂っていて好印象なのです。

野菜を作った方々の顔と名前までわかります。

近くに最近「ねぎぼうず」なる八王子産野菜の店ができました。

繁盛していて、やはり新鮮かつ安心なイメージ。

八王子ブランドとも言えるのです。


チーズはやたらと種類があります。

といっても僕が買うのは専ら「切れてるチーズ」ですが。

ビールも充実しています。

ワインは1000円前後ばかりなのでもっと力を入れてほしいな。

今度ご意見箱に書いておこう。

なんだ、全部お酒とつまみの話だな。

どこを見てもやる気が感じられる三和でした。

ただ、クレジットが使えないのは激痛ですね。

ご意見箱にもよく「クレジット使いたい」と書いてありますが、

その予定はないみたい。


建物にはフードコートも入っていて、

マックやミスド、サブウェイがあります。

さらに三和で買ったお弁当なんかを持って行って

席で食べることができます。とっても便利。

お昼によく行きます。マックは行きすぎて

えいたに「またマック〜?」と言われました。

マックは飽きぎみ。なんて贅沢な子どもなんだ。。


二階は「ホーマック」というホームセンターが

入っていて、10年くらい続けていたのですが、近くに移転。

巨大ホーマックに進化しました。

その空いたあとに、なんとBOOKOFFが。しかもスペシャルです。

このことについてはまた次回。

| 15:28 |
みなみ野最強伝説2

(おだしんいちろう)

大型スーパー三和がみなみ野の中心地にどどーんと

できたことにより、みなみ野は三和を中心に回り出します。

誇張ではありません。

やっぱり人間大事なのは食べ物ですね。

食べ物に集まってくるのです。

店は大きいだけに品揃えもよいし、安い。

(賛否ありましょうが)

で、僕のポイントはご意見箱です。

片隅に台があって、専用の用紙に書き、ポトッと入れます。

エライのは、

「全部の意見に返事」

をすることです。店長がせっせとそのご意見の書かれた

下の部分に返事を書いているのです。

それをその台の掲示板に所狭しと張りだします。

これが見ていて楽しい。

・どこどこのホニャララスナックは置いてないんですか?

・〜ジュース入れて下さい。

とか常識的な意見はいいでしょう。

結構勝手なこと言うよなーって思いますが、たまに僕も書きます(笑)

お叱りの意見もあります。

・キャベツが悪くなってました!

・〜の期限が切れてました。しっかり管理して下さい。

はっはっはっ。ひとごと的に楽しい。(失礼)

中にはこんなのも。

・レジでの店員の態度が悪すぎる。〜月〜日〜時5番レジの人。

こわーっ。

こんな意見にも丁寧に、当然キレることなく答えています。

僕の中では密かに三和の心臓部だと思ってるんですよね。

〜入れて下さいって書くと、高確率で入れてくれるのが

またエライところです。

このご意見箱、楽しいので全部見ちゃいますよ。

まだ三和に意見があるので、今度また書いちゃおっかな。続く。

| 15:08 |
みなみ野最強伝説1
 (おだしんいちろう)

となり町のみなみ野は、

そろそろ多摩地区最強の町になると思われます。

多摩地区最強ということは、うっかりすると

東京でも最強かもしれないし、

東京で最強ならば日本で最強ということでしょう。

たいへんです、みなみ野は日本一の町だったのですね。

僕が中高生の頃は、国道16号からみなみ野へ通じる道が

長い間閉ざされていました。

工事中というより工事中断的で、

「向こうはなんなんだろうなー」

とずっと思っていました。


工事が再開されたのが、10何年か前。

通じた先の町の名は「みなみ野」。

このとき初めて知りました。

ベッドタウン的な響きだなーと当初思った気がします。

行ってみると、町らしきものができかけていました。

陸橋を渡った先にあるので、

霧の向こうにある知られざる町、の印象でした。

でも、まだまだ出来たてほやほや。

これから栄えるのかそのまま衰退するのか。

家から近いし、発展してくれたらいいなーと

思っていました。


発展の起爆剤となったのは「三和(SANWA)」でした。

それまでも小さな三和があったのですが、

超極小スーパー、吹けば飛ぶくらいですよ。

それがスーパー進化(スーパーだけに)を

果たしたのであります。

いやいや、話は尽きないのですが、また次回。

三和の話の続きから入り、

みなみ野の成長と魅力を存分に語りたいと思います。

どなたかついてきて下さいね。

| 20:53 |
<< | 2/2PAGES |